たむの暮らしは消費者志向自主宣言 ・フォローアップ活動参加事業者です

S&P500の平均利回りは?配当金のタイミングや年利をわかりやすく解説

S&P500の利回りは?配当金のタイミングや年利をわかりやすく解説
たむ▷1才女の子30代パパ

「投資の神様」ウォーレン・バレット氏も推奨する、S&P500ETFをはじめ、新NISAでも人気の高いS&P500を解説します!

たむは2022年からNISAを始めたばかりで、お金の勉強は本当に大切だなと感じています。

たむの暮らしをご覧いただいている方からも

相談者

新NISAを始めたとしても、何を買えばいいかわからない…

というご相談がよくあります。

今回は、新NISAを始めた人がよく購入するS&P500の利回りや配当金のタイミングを、わかりやすく解説します。

こんな人におすすめ!
  • 新NISAを始めたい人
  • 新NISAを開始したけど、どれを購入したらいいかわからない
たむの資産運用実績

S&P500とは

たむ▷1才女の子30代パパ

S&P500という指標を採用して、運用するインデックスファンドが新NISAでは人気です。

S&P500とは、Standard & Poor’s(スタンダード&プアーズ)社が管理している、アメリカの大手企業500社の株価を基に算出した、アメリカ経済の健全性や株式市場の状態を把握するための重要な指標です。

S&P500は日本で言うと何?構成銘柄一覧付きでわかりやすく解説

ダウ平均やNASDAQ(ナスダック)との違い

ダウ平均とは、アメリカの30大企業の株価平均です。

産業界の大手企業が含まれており、アメリカ経済の健全性を測るバロメーターとされています。

1896年からの長い歴史を持つ指標でもあり、知名度の高い大企業で構成されています。

NASDAQ(ナスダック)は、技術関連株を中心に約3,000の企業が含まれる市場指数で、ナスダックに含まれる企業の特徴は以下の通りです。

ナスダック市場上場の企業の特徴
  • 革新的な技術を持つ新興企業
  • 成長期待が高いが、リスクも大きい
  • 世界的に影響力のある大手IT企業も多数含まれる
たむ▷1才女の子30代パパ

NASDAQ100とは、金融を除く、ナスダック市場に上場している大企業100社で構成されています。

S&P500は時価総額基準で米国株式の約80%をカバーしています。

S&P500の利回りを理解する5つのポイント

S&P500の利回りを理解するためには、いくつかの重要なポイントがあり、投資の判断材料とすることができます。

S&P500の利回りを理解する5つのポイント
  • 長期的な平均利回り
  • 利回りの変動性
  • 配当利回りの影響
  • 経済環境との関係
  • 比較指標としての利用

S&P500の長期的な平均利回りは、過去のデータから見ると約7%から10%と高く、投資期間が長ければ長いほど、この平均値に近づく傾向があります。

たむ▷1才女の子30代パパ

長期的な資産形成を考えている人子どもの教育費用を積み立てている人におすすめです!

一方で、S&P500の利回りは年によって大きく変動することがあります。

経済危機が発生した時や企業の業績が好調な時、政治的な不安定さが高まった時などに利回りの変動が激しいことを理解しておかなければなりません。

S&P500の利回りには、配当利回りも大きく影響します。S&P500に構成されている企業で、配当を重視している企業には、特徴があります。

配当を重視している企業の特徴
  • 安定した利益を上げている
  • 長期的に投資家に還元を考えている
  • 業界(セクター)を牽引するリーダーである
たむ▷1才女の子30代パパ

また、S&P500の利回りは経済環境と密接に関連しています。景気の回復期、金利の変動期、グローバルな経済情勢の変化に注意しましょう。

S&P500の利回りは他の投資オプションと比較するための指標として活用しましょう。

国債や定期預金との比較、不動産投資との比較、他の株式指数との比較として活用しましょう。

S&P500の利回りは何%?

たむ▷1才女の子30代パパ

S&P500の利回りや配当金は、バンガード・S&P500ETF(VOO)を参考にしながら、ご紹介します。

バンガード・S&P500ETF(VOO)の配当利回りは、直近1.29%です。
※2024年3月22日時点

【参考】VANGUARD S&P 500 ETF (VOO)│Bloomberg

※バンガード社:インデックスファンドの世界シェア1位である世界最大級の運用会社

バンガード・S&P500ETF(VOO)
チャート【リアルタイム】

バンガード・S&P500ETF(VOO)は、他のETFに比べて経費率が0.04%と安いことがメリットです。
※類似ファンドの平均経費率は0.90%

また、配当金も1年のうち4回もあることも嬉しいポイントです。

VOO(バンガード・S&P500ETF)はどこで買える?

バンガード・S&P500ETF(VOO)※は、新NISAの成長投資枠で購入できます。

新NISAの成長投資枠対象商品リストは「一般社団法人 投資信託協会」で確認できます。

VOO(バンガード・S&P500ETF)マネックス証券がおすすめ!

その他、SBI証券や楽天証券でも購入できます。

S&P500の利回り:年利はいくら?

S&P500の利回りは、新NISAでも人気の高い「三菱UFJ-eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」を参考にご紹介します。

三菱UFJ-eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の過去10年の平均年利は14.7%です。
※2024年3月22日時点

直近のリターンは以下の通りです。S&P500は過去10年でも見ても高い実績を出しており、今後も高い年利が予想されています。

1ヶ月6ヶ月1年3年5年
トータルリターン※5.24%16.46%42.56%24.94%21.44%
【参考】三菱UFJ-eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)│SBI証券

※トータルリターン:値上がり益や分配益を含めた総合利益の率
※2024年2月29日時点の情報です。

S&P500の今後の見通しは4900〜5200ポイント!証券会社の予想を紹介

S&P500の配当金のタイミング

たむ▷1才女の子30代パパ

S&P500は指標です。そのため、新NISAでは、S&P500を採用した銘柄が多数あります。

バンガード・S&P500ETF(VOO)の配当金のタイミングは、3ヶ月に一度となります。

直近の配当日と配当金は以下の通りです。

\過去3年のVOO配当日・配当金/

支払日1株あたりの配当金
2024年3月27日1.5429ドル
2023年12月26日1.8011ドル
2023年10月3日1.4925ドル
2023年7月5日1.5762ドル
2023年3月29日1.4874ドル
2022年12月23日1.6717ドル
2022年10月3日1.4692ドル
2022年7月5日1.4321ドル
2022年3月29日1.3737ドル
2021年12月27日1.5329ドル
2021年10月4日1.3084ドル
2021年7月2日1.3329ドル
2021年3月31日1.2625ドル
【参考】VOO Dividend History │Nasdaq

S&P500を採用した商品の中には、配当金を出さない商品もあります。これは配当金を出さずに運用する方が運用率が高いとしている商品です。
例)愛称:SBI・V・S&P500(SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド)│SBI証券

S&P500のメリットは?

たむ▷1才女の子30代パパ

S&P500を採用したインデックスファンドやETFは「分散投資」「透明性」「一般人が投資しやすい」の3つのメリットがあります。

S&P500の指数に500社もの企業が含まれているため、自然と分散投資の効果が得られます。これにより、特定の企業や産業のリスクを低減できます。

また、S&P500は構成銘柄や算出方法が公開されているため、透明性が高く、どのような基準で構成されているかを知れます。

S&P500を採用にした多くの投資商品(ETFやインデックスファンドなど)が増えています。

もちろん、新NISAのつみたて投資枠、成長投資枠の両方でS&P500関連の商品があるため、少額からも簡単に、誰もが知るアメリカの大手企業に投資できます。

盲信はダメ?下落しても長期・積立が大事

たむ▷1才女の子30代パパ

高い年利のある銘柄(商品)はリスクも存在します。S&P500を盲信してはいけないとする論調もあります。

S&P500の注意点は、すべて米国株で構成されている点です。

そのため、米国経済が冷え込んだ場合、S&P500を基にした商品は元本割れのリスクがあります。

現在の世界経済は米国中心ですが、南米や東南アジア、インドなどの新興国が経済成長しており、米国中心の経済が保証されているわけではありません。

また、投資は良い時も悪い時もあります。

そのため、S&P500関連の商品が大幅に値下がりし、元本割れをしたとしてもすぐに売却せずに、引き続き、長期で積み立ててましょう。

S&P500は1957年に導入されて以来、ずっと年平均10%以上の右肩上がりで成長しています。

つまり、例え少額でも長期で積立・保有していることが、最終的な利益獲得につながります。

たむがNISAを始めたときは、SBI・V・S&P500だけで運用しており、2024年からは全世界株式(オール・カントリー)と仮想通貨に分散投資しています。

たむのNISA運用実績
2024年4月最新
たむのNISA運用実績
2024年4月最新
S&P500だけでいい?10年後の予想をわかりやすく解説

資産運用は「知ること」と「行動力」が大事

たむ▷1才女の子30代パパ

「資産運用は何か難しそう…」「損したら怖い…」という方も少なくありません。しかし、それは誰もが通る道なので、安心してください。

たむの周りの行動力がある人は無料オンラインセミナーを活用して、お金の勉強から始める人が多いです。

下記にご紹介している、資産運用の無料オンラインセミナー『マネイロ』さんは初心者向けの30分で完結できる、新NISA、iDeco、老後資金、教育資金、住宅資金などWeb版お金の診断・相談サービスです(世界の大手金融機関のプロに気軽に相談できる)

行動力のある方は既に少額からでも資産運用を始めています。まずは「資産運用を知る」という行動を取ってみましょう。

\カメラOFF・スマホでの参加OK!わずか30分完結/


資産運用の無料オンラインセミナー『マネイロ』

まとめ

S&P500は利回りがとても高く、S&P500を基にしたインデックスファンドやETFが数多く存在します。

バンガード・S&P500ETF(VOO)は、新NISAの成長投資枠でも少額投資でき、経費率も0.04%と安くておすすめです。

他にもS&P500を基にした商品が多いので、購入の際は、以下を参考にしてみてください。

ABOUT US
たむ▷チラかる暮らしを整えたい1才女の子パパ
沖縄県在住の「たむの暮らし 生活とお金を見直すメディア」運営局の管理者、執筆者(元浪費家・元汚部屋出身)です。人生を"ほんの少し" 豊かで幸せにするライフハック情報を発信する、奥さんと女の子の3人暮らしの30代。2022年にNISA、2023年に仮想通貨投資を開始した投資初心者!本業は企業向けマーケティングコンサルティングです。