無料動画講座視聴後にアンケート回答で全員にアマゾンギフト券プレゼント!バフェッサ2
本ページはプロモーションが含まれています

消費者志向自主宣言

たむの暮らし(運営者: 株式会社Industrial Creation&Edit)では、消費者志向自主宣言に賛同し、その取り組みを徹底することを、ここに宣言いたします。

消費者志向経営とは

消費者志向経営とは、「消費者と共創・協働して社会価値を向上させる経営」と定義しています。

消費者志向経営の目標は、持続可能な社会に貢献することです。

消費者とは

事業者が提供する商品・サービスを現在、もしくは将来利用又は、関与する可能性のある主体。
※高齢者や外国人・障がい者、地域住民、エンドユーザー、従業員など多様な存在を消費者として捉えます。

共創・協働とは

事業者が消費者との双方向コミュニケーションにより、消費者がわくわくする商品・サービス・体験を共有し、消費者とのWIN -WINの関係になること

社会価値とは

事業者が本業を通して、地域や社会の課題解決に寄与し、社会全体の持続可能性の向上を目指すことをから生み出されるもの

消費者志向経営の活動を簡単に要約すると以下、3つにわけることができます。

消費者志向経営の3つの活動
  • みんなの声を聴き、かついかすこと
  • 未来・次世代のために取り組むこと
  • 法令の遵守/コーポレートガバナンスの強化をすること

この活動により、消費者は保護され、事業者はリスク軽減を実現することができます。消費者は事業者と協働し、事業者は社会価値を創出することで、最終的な目的である「持続可能な社会への貢献」につながっていきます。

【参考】消費者・事業者との連携・協働に向けて│消費者庁

「たむの暮らし」の理念

普段の何気ない生活からできる「小さな幸せ」を見つける

当メディアは、普段の生活でできる整理整頓や節約術を駆使し、QOLを向上させるための情報(資産運用:お金の勉強や働き方の改善、そのほか新しい発見)を発信するメディアです。

普段から取り組める対策のほか、副業や転職による収入アップを目指す、将来や老後に備えた資産運用を促す、QOLを高めるサービスの利用を促すなどの活動を行い、現代日本が抱えるさまざまな社会問題の解決に寄与することを目的としています。

具体的な社会問題
  • 20〜40代の貧困問題
  • 少子高齢化
  • 人手不足
  • 長時間労働やハラスメントなどの違法労働の蔓延 など

上記以外にも日本社会を取り巻く環境は悪化しており、さまざまな社会問題が存在します。

当メディアでは、こうした日本の社会問題に対する個人の能力や生活水準の向上、正しい知識の習得と選択により、個人の悩みを解決できる情報を日々発信しております。

読者に正確な情報を伝えるために、資格保有者・専門家による記事の監修や執筆、商品・サービスを実際に利用したレビューや体験談、独自アンケートなどを元に信頼性・正確性が担保された情報を発信します。

当メディアで発信した情報が読者に届くことで、個人が抱える問題を解決することに役立てていただき、最終的には日本の社会問題を解決するきっかけになるよう読者をサポートしていきたいと考えています。

取組方針

当メディアの取組方針は以下のとおりです。

運営局責任者のコミットメント

運営局責任者が自ら、運営に関り、読者や消費者の声を聞くことで、ユーザーの課題改善や幅広い良い選択肢が選べるよう努めます。

消費者への情報提供の充実と双方向の情報交換

当メディアでは、読者様や消費者からのご意見・ご要望をいただけるよう、お問合せフォームの設置やSNSでの交流も積極的に行っています。

読者様や消費者様からいただいたご意見・ご要望に関しては、真摯に受けとめて善処します。

法令の遵守/コーポレートガバナンスの強化

当メディアでは、コンプライアンス(法令厳守)の確保に努めています。

また、法令等の規制外の場合においても社会の常識から逸脱した行為は致しません。

情報の正確性や信頼性を高めるために、テーマごとに関する専門家が監修を行っていただきます。

消費者や社会の要望を踏まえたメディアの制作・改善・開発

読者様や消費者からの意見・要望をもとにメディアの改善・制作を実施することでより信頼できる高品質な情報を提供できるよう取り組みます。

制作・改善・開発を定期的かつ継続的に実施し、より高品質な情報提供ができるよう努めます。

SDGsの目標達成に向けた取り組み

当メディアでは、SDGsの目標達成のために以下のような取り組みを行っています。

すべての人に健康と福祉を

SDGs17の目標

当メディアでは健康と運動をテーマにコンテンツを作成し、関連する情報を発信してまいります。

これにより“だれもが健康で幸せな生活を送れるようにしよう”を達成の後押しになるよう運営を行なっていきます。

質の高い教育をみんなに

SDGs17の目標

当メディアでは、正確で信頼できる情報ソースをもとに金融に関する情報を発信しています。

質の高い情報を読者の方にお届けすることで、日本人の金融リテラシーの底上げを図ります。

ジェンダー平等を実現しよう

SDGs17の目標

当メディアでは、記事の執筆をチームで行っています。

性別や年齢・国籍などに関わらず、個性を尊重したチーム運営を行っています。

働きがいも経済成長も

SDGs17の目標

当メディアに携わる方達への在宅ワークが可能になるようセイキュリティ対策や円滑コミュニケーションがはかれるように職場環境を整備いたします。

これにより、時間や場所に囚われない労働体制を確立し、生産性の向上を図ってまいります。

気候変動に具体的な対策を

SDGs17の目標

当メディアでは、自宅兼事務所でのこまめな節電と節水を徹底しております。

また、リモートワークやテレワークを基本とすること、さらに自転車や徒歩での移動を推奨することで、二酸化炭素を排出しない取り組みを行っています。

海の豊かさを守ろう

SDGs17の目標

当メディアは沖縄県を拠点としており沖縄県が取り組む海洋保全の取り組みに賛同しています。

【主な取り組み】
沖縄県石垣市 ビーチクリーン活動
チーム美らサンゴ

未来・次世代に向けた取り組み

SDGsの目標達成に向けた取り組みを、SNSやホームページで積極的に発信していき、若者を中心とした次世代へのサポートも積極的に行ってまいります。

法務省「MYじんけん宣言」への賛同

たむの暮らし(運営者: 株式会社Industrial Creation&Edit)は、法務省が推進する「Myじんけん宣言」に賛同の上、全てのステークホルダーの人権を尊重し運営を行うことを宣言します。

MYじんけん宣言とは

企業、団体及び個人が、人権を尊重する行動をとることを宣言することによって、誰もが人権を尊重し合う社会の実現を目指す取組です。

人権尊重のための基本方針

当社では、個々の人権を尊重するにあたり以下の基本方針を定めています。

人権尊重のための基本方針
  1. 当メディア運営に関わる全ての人が、人権尊重について正しい知識を持ちます。
  2. 人種や年齢、性別などによる差別・ハラスメントの廃止し、雇用機会の均等に尽力いたします。
  3. 働きやすい職場環境づくりを目指します。(フレックス制度やリモートワークの推進)
  4. 当メディア運営局全体の人権に関する理解促進と意識向上を目指します。
Basic policy for respecting human rights

At Tamu no Seikatsu, we agree with the “MY Jinken Declaration” promoted by the Ministry of Justice and declare that we will respect the human rights of all stakeholders in our operations.

[Basic policy for respecting human rights]
Our company has established the following basic policy to respect the human rights of individuals.
  1. All people involved in the management of this media will have correct knowledge about respecting human rights.
  2. We will abolish discrimination and harassment based on race, age, gender, etc., and strive to provide equal employment opportunities.
  3. We aim to create a comfortable working environment. (Promotion of flex system and remote work)
  4. We aim to promote understanding and raise awareness of human rights throughout our media management department.

以上