たむの暮らしは消費者志向自主宣言 ・フォローアップ活動参加事業者です

お金に働いてもらう!資産運用(少額投資)で手に入れる小さな幸せ

お金に働いてもらう!資産運用(少額投資)で手に入れる小さな幸せ
たむ▷1才女の子30代パパ

資産運用で豊かな人生を手に入れたい方は必見!

本記事では、資産運用の基本知識や人気商品、リスク管理方法などを紹介します。お金に働いてもらう生活は、まず知ること、体験しみることが大切です。ぜひ最後までお付き合いください。

【更新情報】2024年2月1日:監修者による監修を実施し、監修者情報を追記しました。

お金に働いてもらう秘訣: 資産運用を活用

たむ▷1才女の子30代パパ

資産運用を活用することで、お金に働いてもらう方法が実現できます。

運用方法には株式や投資信託、NISAなどがあり、自分に合った商品を選んで利益を上げることが可能です。

資産運用でお金の成長を実感し、老後の生活資金や将来の目標達成、子どもの教育資金に役立てましょう。

資産運用の基本知識と必要性を理解しよう

たむ▷1才女の子30代パパ

資産運用の目的は、自分の資産を増やすことです。

資産運用にはリスクが伴いますが、リスクを理解し、適切な方法で運用すれば利益を得られます。

資産運用の必要性は、経済の不安定さや老後資金の確保が挙げられます。

基本知識として、資産運用には長期投資と短期投資があり、自分のライフスタイルや資金に合わせて選ぶことが大切です。

また、運用商品には株式や投資信託、NISAなどがあり、それぞれ特徴が異なります。運用方法を理解し、自分に合った運用方法を選択しましょう。

投資初心者は何から始めたらいい?知っておきたい資産運用の開始方法

資産運用の人気商品一覧とその特徴

資産運用の人気商品には以下のものがあります。

資産運用の人気商品
  • 株式投資:企業の株を購入し、株価の上昇や配当金で利益を得る方法です。リスクは高いですが、利益も大きいことが魅力です
  • 投資信託:運用会社が資金を運用し、利益を分配する商品です。リスク分散が可能で、運用初心者におすすめです
  • NISA:日本政府が導入した制度で、非課税で投資ができる特典があります。個人による資産形成をサポートするために作られた制度です
  • 定期預金:銀行や信用金庫で預金を一定期間固定し、利息を得る方法です。リスクが低い反面、利益も限定的です

それぞれの商品には特徴とリスクがありますので、自分の投資スタイルや資金に合わせて選択しましょう。

投資初心者が知るべきリスク管理の方法

たむ▷1才女の子30代パパ

投資初心者が知るべきリスク管理の方法は以下の通りです。

投資初心者向けリスク管理方法
  • リスク許容度の把握:自分がどの程度のリスクを許容できるかを把握し、適切な投資商品を選ぶことが重要です。
  • 資産の分散:すべての資産を一つの商品に投入するのではなく、複数の商品に分散投資することでリスクを軽減できます。
  • 長期投資:短期的な利益を追求するよりも、長期的な視点で資産運用を行うことでリスクを抑えることができます。
  • 継続的な勉強投資に関する知識を日々アップデートすることで、より適切なリスク管理が可能になります。

これらの方法を活用し、効果的なリスク管理を行いながら資産運用を行いましょう。

老後の生活を安定させる資産運用のポリシー

たむ▷1才女の子30代パパ

老後の生活を安定させるためには、資産運用が欠かせません。まず、運用する金額を決めましょう。毎月の収入から余裕がある金額を投資に充てることが大切です。

運用商品のリスクとリターンを考慮して、自分に合った投資商品を選びます。株式や投資信託、不動産投資など幅広い商品がありますので、じっくり検討しましょう。

また、長期的な視点で運用を考えることが重要です。資産運用は一晩で結果が出るものではありませんが、長期的な運用により堅実な利益を狙えます。

そして、分散投資も大切です。リスクを減らしながら上手く運用するためには、資産の分散が有効であると言われています。

最後に、ポイントを積極的に活用しましょう。普段から利用するサービスのポイントを使って、ポイント投資を行うことができます。また、運用商品を選ぶ際には、その取引手数料や税制面も確認することが大切です。

ポイント投資は意味ない?メリット・デメリットと活用術を徹底解説

各種資産運用商品のメリット・デメリット

たむ▷1才女の子30代パパ

株式投資は、元本保証という考え方がありません。元本割れするリスクがあるため、リスクも踏まえて、運用する必要があります。

投資信託はリスクが比較的低く、手軽に始められるが、手数料が割高です。不動産投資は収益が安定しているが、莫大な資金が必要で損切りがしづらい商品です。

会社員を中心に新築ワンルームマンション投資を持ちかける不動産業者と、後々トラブルに発展するケースが多発しています。不動産投資は1回でも見誤ると自己破産や莫大な借金が残る、非常にリスクの高い投資です。初心者はなるべく手を出さないようにしましょう。

株式投資で利益をあげるポイントとは

株式投資で利益をあげるためには、まず、基本的な知識を身につけることが大切です。

その上で、企業の業績や市場環境を的確に把握し、適切なタイミングで購入・売却することが重要です。

また、株式投資においては、手数料や税金を最小限に抑えることも大切なポイントです。

証券会社を選ぶ際には、手数料やサービス内容を比較検討しましょう。

さらに、資金管理も重要です。投資に充てる資金は、生活費や貯蓄から切り離して管理し、無理のない範囲で運用することが大切です。

長期的な視点で投資を行い、コツコツと利益を積み重ねることが成功への道です。

超ドケチ節約術で楽しく賢い生活を手に入れろ!

NISAやiDeCoなど非課税制度を利用しよう

たむ▷1才女の子30代パパ

NISAやiDeCoなどの非課税制度を利用することで、投資から得られる利益を効果的に増やすことができます。

2024年1月から始まったNISAは、つみたて投資枠120万円まで、成長投資枠が240万円までで合計1800万円まで投資で得られた利益が非課税となる制度です。若手からシニア世代まで幅広く利用できます。

新NISAの仕組みをわかりやすく解説

新NISAつみたて投資枠成長投資枠
年間投資枠120万円240万円
非課税保有限度額(総枠)600万円1200万円
合計1800万円
※等価残高方式で管理:枠の再利用が可能
口座開設期間恒久
投資対象商品長期の積立・分散投資に適した
一定の投資信託
上場株式・投資信託等
対象年齢18歳以上
【参考】NISAとは?│金融庁

iDeCoは、個人型確定拠出年金とも呼ばれ、自分で働いている間に積立てておける制度で、将来の年金受給額を増やすことができます。

企業型確定拠出年金に加入していない個人や自営業者にも利用が可能です。

▽▽▽iDeCoの拠出限度額▽▽▽

加入資格拠出限度額
自営業者等(※)とその家族、フリーランス、学生など
第1号被保険者・任意加入被保険者
※20歳以上〜60歳未満
月額6.8万円(年額81.6万円)
※国民年金基金または国民年金付加保険料との合算枠
厚生年金の被保険者(会社員、公務員等)
(国民年金の第2被保険者)
会社に企業年金がない会社員月額2.3万円(年額27.6万円)
企業型DCのみに加入している
会社員
月額2万円
DBと企業型DCに加入している
会社員
月額1.2万円(年額81.6万円)
DBのみに加入している
会社員・公務員
月額1.2万円(年額14.4万円)
厚生年金の被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(専業主婦・夫)
(第3号被保険者)
月額2.3万円(年額27.6万円)
【参考】iDeCo(イデコ)の加入資格・掛金・受取方法等│iDeCo公式サイト
iDeCoのメリット・デメリット
  • 月々5,000円から始められ、掛け金額は1,000円から自由に設定できる
  • 掛け金が全額所得控除
  • 利息・運用益が非課税
  • 受取時も一定額まで税制優遇
  • 原則60歳まで引き出せず、元本割れのリスク、手数料がかかるなどのメリットがあります

公的制度を上手く活用し、税金を節約しながら資産運用を行うことで、老後の生活がより安定したものになります。

分散投資の重要性とその実践方法

たむ▷1才女の子30代パパ

分散投資は、投資リスクを低減し、安定的なリターンを目指す方法です。

分散投資を実践するには、まず、運用する商品のバリエーションを増やすことが大切です。

株式だけでなく、債券や不動産投資、投資信託など、さまざまな資産クラスに投資しましょう。

また、国内だけでなく、海外市場にも投資することで、更なる分散効果を期待できます

リスクを抑えつつ利益を追求するためには、定期的にポートフォリオを見直し、バランスを整えることが大切です。

さらに、投資期間も分散させることが重要です。

長期的な投資と短期的な投資を組み合わせることで、リスクを低減し、堅実な運用を目指すことができます。

金融機関のサービスを活用して投資を始めよう

たむ▷1才女の子30代パパ

投資を始めるにあたり、金融機関のサービスが大変役立ちます。

まずは、自分の投資目的やリスク許容度に合った商品を見つけることが大切です。

金融機関では、株式や投資信託、債券など多数の商品が取り扱われているため、自分に適したものを選ぶことができます。

また、金融機関が提供する投資アプリやウェブサイトを利用することで、リアルタイムで情報を確認し、効率的な運用が可能です。

金融機関のサイトやアプリには、初心者向けの解説や勉強会もありますので、投資知識が豊富でなくても安心です。

金融機関が提供するNISAやiDeCoなどの制度を利用すれば、税制上のメリットも享受できます。

最後に、金融機関の専門家に相談して、自分に適した投資戦略を立てられることも大きなメリットです。

▼おすすめ証券口座▼

おすすめ証券口座特徴・特典
SBI証券アプリ
SBI証券で 口座開設
国内株式の売買手数料が無料
新NISA米国株式・海外ETFの売買手数料が無料
SBI証券で 口座開設
楽天アプリ
楽天証券
NISA口座数No.1国内株式取引手数料0円!
口座開設はこちら
松井証券の新NISAを解説!口コミ・評判や手数料を知って、非課税投資【30代向け】

自分に合った資産運用ポートフォリオの作り方

たむ▷1才女の子30代パパ

資産運用ポートフォリオを作る際は、リスクとリターンのバランスを考慮しましょう。

リスク許容度に応じて、株式や債券などの資産を組み合わせることで、適切なポートフォリオが作れます。また、資産を分散することでリスクの低減が可能です。

自分のライフプランに合わせた資産運用を体現

たむ▷1才女の子30代パパ

資産運用の目的は、自分のライフプランに合わせた安定した資産形成を実現することです。

まず、将来の目標や夢を具体化し、必要な資金を計画しましょう。

次に、資産運用の期間や方法について検討し、自分に合った運用方法を選択しましょう。

また、金融商品を選ぶ際は、自分のリスク許容度や運用期間などに合わせて選びましょう。

ライフプランに応じて資産運用を行うことで、将来の夢を実現しやすくなります。

家計の状況から適切な投資金額を見つけよう

投資金額を決める際は、家計の状況をよく把握しましょう。収入と支出のバランスを考慮して、無理のない範囲で投資金額を決定します。

また、緊急時に備えて、一定額の貯金を確保することも重要です。

▼おすすめ家計簿アプリ▼

おすすめのアプリ特徴・自動連携連携可能口座数レシート撮影
マネーフォワード Me アイコン
マネーフォワード Me
銀行、カード、電子マネー、QRコード決済、ポイントなど
連携先の多さレポート分析が秀逸
AppleStore / GooglePlay
無料版は4個まで
有料版:無制限
Zaim アイコン
Zaim
銀行、カード、電子マネーなど
無料で連携できる口座が多く、自動入力が便利
AppleStore / GooglePlay
無制限
OsidOri アイコン
OsidOri
銀行、カード、電子マネー、証券
同棲カップル夫婦の間での家計簿共有が簡単
共同資産管理も最適
AppleStore / GooglePlay
無料版は7個まで
有料版:無制限
×

投資の進め方とフォローアップの重要性について

たむ▷1才女の子30代パパ

投資を進める上では、継続的な情報収集と適切なポートフォリオの見直しが大切です。

定期的に運用状況をチェックし、必要に応じて調整しましょう。

また、金融機関のアドバイスを活用しながら、運用方法を見直すことも重要です。

投資に対する理解を深めるために、定期的にセミナーや勉強会に参加するのもおすすめです。

たむの暮らしでは、運営者である「たむ」が実際に資産運用をしてみた結果を公開しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

たむの資産運用実績

まとめ

「お金に働いてもらう」という感覚は、お金持ちの特権されていましたが、今ではNISAなど投資における税制優遇制度が充実しており、一般の人でも少額からお金に働いてもらう資産運用が可能となりました。

まずは資産運用の感覚を掴む上でも、少額投資から始めることがおすすめです。

さあ、NISAやiDeCoといった優遇制度や金融機関サービス(証券口座)を活用して、投資を始めて、理想の資産運用の第一歩を踏み出してみましょう。

当メディアの監修者

監修者 前田浩司

前田 浩司
株式会社ラソ・トラスト代表

株式会社ラソ・トラストの代表。
主に不動産業を営みながら、営業社員や新入社員、物件説明の研修事業のほか、ライフプランの作成、住宅ローンのご相談、資産運用や税金対策の相談などファイナンシャルプランナー事業を展開。

前田 浩司 のプロフィールへ

【保有資格】2級ファイナンシャルプランニング技能士宅地建物取引士

ABOUT US
たむ▷チラかる暮らしを整えたい1才女の子パパ
沖縄県在住の「たむの暮らし 生活とお金を見直すメディア」運営局の管理者、執筆者です。人生を"ほんの少し" 豊かで幸せにするライフハック情報を発信中。Webマーケティング、集客コンサルティング、SNS活用をプライム上場企業やベンチャー企業を中心にコンサルティングを行っている。プロフィールは左端の「WebSite(地球儀アイコン)」をクリック!