たむの暮らしは消費者志向自主宣言 ・フォローアップ活動参加事業者です

少額投資は意味がない?正しい始め方と賢い資産運用法を解説

少額投資は意味がない?正しい始め方と賢い資産運用法を解説
たむ▷1才女の子30代パパ

「少額投資は意味がない」という声をチラホラ聞きますが、本当にそうなんでしょうか?

本記事では、初心者の方が少額投資を始めるべき理由や、賢い資産運用法を解説します。

具体的な投資方法やNISA、iDeCoの活用法も紹介しますので、どうぞお楽しみに!

少額投資のメリットとデメリットを徹底解説

たむ▷1才女の子30代パパ

少額投資は初心者にも取り組みやすく、資産運用を始める上での敷居が低い点がメリットです。

具体な少額投資方法として、積立投資信託や株式の単元未満株の購入が挙げられます。これにより、少ない資金でも投資が可能になり、資産形成に取り組むことができます。

また、リスクも低く抑えられることがあります。少額であれば、大きな損失を抑えられる反面、リターンも限定的な場合があります。

デメリットは運用益が限定的であり、大きな利益を得ることが難しいことが挙げられます。

さらに、手数料が高くなることがあります。たとえば、少額での取引が多いと、手数料の割合が大きくなります。

以上の点を総合的に考慮し、少額投資の選択肢を検討してみてください。

マネックス証券のNISA口座では、国内株式、米国株式、中国株式の国内手数料が永久無料というサービスを打ち出し、話題となっています。そのため、より少額投資がしやすい環境となっっています。

投資初心者が少額投資を始める理由

たむ▷1才女の子30代パパ

投資初心者が少額投資を始める理由はいくつかあります。

まず、資金が少なくても始められることが大きな魅力です。

初心者の方は自分の投資スキルに自信がない場合が多く、大金を投じることに不安を感じることがあります。少額投資なら、その不安を軽減できます。

また、投資知識が乏しい初心者でも取り組みやすい点が魅力です。

少額投資の中には、自動で資産運用を行ってくれるロボアドバイザーを利したり、投資信託の積立により毎月一定額を投資する方法など、初心者にも理解しやすい商品が多くあります。

さらに、少額投資を通して投資経験を積むことで、次第に投資スキルが向上し、将来的にはより大きな投資にもチャレンジできるようになります。

そのため、初心者が投資の第一歩として少額投資を選ぶ理由は十分に納得できるものです。

ロボアドバイザーを利用した資産運用は比較的手数料が高い傾向があります。手数料を節約したい場合はNISAを、資産運用の勉強をしたい場合はロボアドバイザーがおすすめです。

少額投資におけるリスクとリターンの関係

たむ▷1才女の子30代パパ

少額投資におけるリスクとリターンには密接な関係があります。

少額投資は、投資金額が少ないため、大きな損失が出にくいというメリットがありますが、その分、リターンも限定的になることがあります。

基本的に、リスクとリターンは比例関係にあります。

つまり、リスクを取ることでリターンも大きくなるとされています。しかし、少額投資の場合、リターンが限定的であるため、この関係が必ずしも成り立たないことがあります。

少額投資では、投資先の選択肢が限られたり、手数料の負担が大きくなったりすることがあります。

このため、リスクとリターンのバランスをよく見極めながら、自分に適した投資方法を見つけることが重要です。

少額投資においても、分散投資を行うことでリスクを軽減することが可能です。

また、長期投資を行うことで、リターンを高める効果が見込めます。

このような観点から、少額投資のリスクとリターンの関係を理解し、賢く運用しましょう。

少額投資で利益を上げるためには、長期投資が前提となります。株価が下がったからといって、すぐに売却せずに長期運用を前提に少しずつ積み立てていきましょう。

少額投資を支えるNISAとiDeCoの制度説明

たむ▷1才女の子30代パパ

少額投資を支えるNISA(少額投資非課税制度)iDeCo(個人型確定拠出年金)は、投資初心者にとって非常に有益な制度です。

NISAは、投資信託や株式などの運用益が非課税になる制度で、年間最大360万円までの投資が対象となります。

新NISAの仕組みをわかりやすく解説

新NISAつみたて投資枠成長投資枠
年間投資枠120万円240万円
非課税保有限度額(総枠)600万円1200万円
合計1800万円
※等価残高方式で管理:枠の再利用が可能
口座開設期間恒久
投資対象商品長期の積立・分散投資に適した
一定の投資信託
上場株式・投資信託等
対象年齢18歳以上
【参考】NISAとは?│金融庁

2023年末までの一般NISAとつみたてNISA制度において投資した商品は、2024年以降のNISA制度の外枠で非課税措置が適用されます。2023年までNISAから2024年以降のNISAへのロールオーバー(翌年の非税投資枠へ移管すること)はできません。

NISA制度を利用することで、投資による利益を非課税で最大限活用し、資産形成を促進することができます。

iDeCoは、老後資金としての運用を目的とした制度で、現役時代に積み立てていくことで、将来的に税金を節約しながら運用益を得ることができます。

iDeCoの3つのメリット
  • 掛金が全額所得控除
  • 利益・運用益が非課税
  • 受取時も一定額まで税制優遇

iDeCoは、自分で運用先を設定できるため、自分に適した投資方法を選ぶことができます。

一方で、iDeCoは原則60歳まで資産を引き出すことができません。また、自己責任で運用商品を選ぶため、元本割れのリスクがあります。

NISAとiDeCoにはそれぞれ異なる特徴がありますが、どちらも少額投資に取り組む際に大変有益な制度です。

NISA、iDeCoの制度を活用しながら、資産運用を行うことで、将来にわたって安定した資産形成が可能となります。

少額投資を始める際には、ぜひこの2つの制度についても認識しておきましょう。

投資する余裕がない人の投資スタート術!課題と対策を解説

積立投資で資産形成を目指す方法

たむ▷1才女の子30代パパ

積立投資は、毎月一定の金額を投資することで資産形成を目指す方法です。

まず、自分の目的やリスク許容度に合った投資商品を選び、証券会社の口座を開設しましょう。

次に、毎月の積立金額や投資信託の選び方を決め、積立を始めます。

こうして資産形成を目指す積立投資は、初心者でも始めやすく、長期で運用することで利益が期待できます。

▼おすすめ証券口座▼

おすすめ証券口座特徴・特典
SBI証券アプリ
SBI証券で 口座開設
国内株式の売買手数料が無料
新NISA米国株式・海外ETFの売買手数料が無料
SBI証券で 口座開設
楽天アプリ
楽天証券
NISA口座数No.1国内株式取引手数料0円!
口座開設はこちら
松井証券の新NISAを解説!口コミ・評判や手数料を知って、非課税投資【30代向け】

月々1万円からはじめる積立投資のススメ

たむ▷1才女の子30代パパ

月々1万円から始める積立投資は、少額でも資産形成が可能だからおすすめです。

まず、証券会社や金融機関で口座を開設し、自分に合った投資商品を選びます。

株式や投資信託など、商品によってリスクや期待リターンが異なるため、自分の目的やリスク許容度に応じて選ぶことが大切です。

次に、毎月の積立金額や投資信託の選び方を決めます。

少額から始めることで、投資のリスクを抑えながら慣れることができます。長期的に運用して、資産形成を目指すことが大切です。

たむ▷1才女の子30代パパ

つみたて投資は毎月行うことで、以下のような運用収益率が変化していきます。複利ってすごいですね…!

たむの資産運用202305
たむの資産運用202305
たむの資産運用202401
たむの資産運用202401

株式投資と投資信託の比較・おすすめの選び方

株式投資と投資信託はどちらも資産形成を目指す方法ですが、それぞれ特徴やリスクが異なります。

株式投資は、個別の企業の株を購入し、株価上昇や配当金を利益として得る方法です。

一方、投資信託は、信託報酬を支払ってプロの運用者が運用するポートフォリオに投資する方法です。

株式投資のメリットは、銘柄選びやタイミング次第で大きな利益が得られる可能性がありますが、リスクも高く、短期の値動きに左右されやすいです。

投資信託のメリットは、分散投資が容易であり、プロの知識や経験を活用できるため、初心者にも適した選択ですが、信託報酬が高額になりやすいため、利益を上げづらい特徴があります。

おすすめは、投資信託をNISAで取引することです。近年では、NISA口座での取引手数料を無料にする証券会社も出ていきます。

メリットデメリット
株式投資自分の裁量で銘柄選びやタイミング次第で大きな利益が得やすいリスクが比較的高い
短期の値動きに左右されやすい
投資信託分散投資がしやすい
プロの知識や経験を活用できる
信託報酬が高額になりやすい

少額投資で成功するためのポートフォリオ設計

少額投資で成功するための非課税制度であるNISAを活用しながら、投資信託を利用することです。また、ポートフォリオ設計では、インデックスファンドとアクティブファンドのバランスが重要です。

まず、自分の目的やリスク許容度を明確にし、適切な投資商品を選びましょう。次に、分散投資を行い、リスクを低減します。

たむ▷1才女の子30代パパ

たむは1歳の女の子と専業主婦の奥さんと3人暮らしです。実際にたむが行っている資産運用ポートフォリオは以下となります。

▽▼▽ 30代夫婦子ども一人家庭の場合 ▼▽▼

商品投資割合
米国投資信託(インデックス)40%
全世界投資信託(インデックス)30%
日本株投資信託(アクティブ)15%
先進国投資信託(アクティブ)15%
※ NISAを利用した少額資産運用です。

債券、不動産は保有していませんが、そのほかに現物米国株式を保有、仮想通貨を毎日積み立ていたします。まずは保有のしやすさや、手放しやすさを優先的に投資先を選んでいます。

また、コストを抑えるために、手数料が低い証券会社や金融商品を選び、長期的に運用し、資産形成を目指すことが大切です。

投資割合の見直しで資産を増やす方法

少額投資で活躍する金融商品とサービス

たむ▷1才女の子30代パパ

少額投資に適した金融商品やサービスは、初心者にも気軽に始められます。

例えば、NISAやiDeCoは非課税の制度を利用して資産形成ができ、リスクを分散しながら効果的な運用が可能です。

また、投資信託はさまざまな銘柄を組み合わせることで、自分の目的やリスク許容度に合ったポリシーを持つことができます。

さらに、株式投資でも最近は満株や単元未満株が購入できるようになり、初心者にもおすすめです。

たむの少額投資資産運用実績は以下のとおりです。

たむの資産運用実績

証券会社の手数料比較とおすすめポイント

証券会社を選ぶ際、手数料の比較は重要なポイントです。取引手数料が低い会社を選ぶことで、必要な資金が抑えられます。

また、初心者には分かりやすいサービスやサポートが整っていることがおすすめです。

例えば、投資情報が充実している会社や、短時間で取引ができるツールを提供している会社は、効率的な運用が可能です。

さらに、無料でアプリを利用できる会社も増えてきており、スマホで手軽に資産運用ができるようになりました。

運用商品の取り扱いや口座開設・維持手数料も比較検討すると良いでしょう。

マネックス証券をはじめ、NISA口座での国内・海外株式の購入手数料を無料しているサービスも増えています。

ETFやロボアドバイザーと少額投資の相性

たむ▷1才女の子30代パパ

ETFとロボアドバイザーは少額投資において非常に相性が良いです。ETFは少額から購入が可能であり、分散投資が容易な点がメリットです。

また、ロボアドバイザーはAIが運用を行うため、運用経験が少ない初心者でも安心です。

その上、資産運用に関する知識は必要最低限で済みます。

しかし、ロボアドバイザーの手数料は比較的高いため、少額投資で利益を得るには効率が悪いデメリットがあります。

また、積立投資や資金拠出時期の設定に注意が必要ですので、各サービスの比較を行いながら選びましょう。

最初はロボアドバイザーよりもNISAを利用したインデックスファンドの運用がおすすめです。

無料アプリを活用した資産運用のススメ

たむ▷1才女の子30代パパ

最近は無料の資産運用アプリが増えており、誰でも簡単に始められるようになりました。

アプリを利用することで、自分のライフスタイルに合わせた運用が可能です。

例えば、毎月一定額を積立投資するアプリや、暇な時間に少額投資ができるアプリなどがあります。また、アプリを利用することで、運用中の資産の状況がリアルタイムで確認でき、運用の進捗を把握しやすくなります。

ただし、無料アプリにもデメリットがありますので、リスク管理を怠らないようにしましょう

アプリ選びの際は、サービス内容や取り扱い商品を比較して、自分に最適なものを選びましょう。

たむは仮想通貨の売買はアプリで行なっています。変動が激しいので、たまに見る程度、そしてあまり期待せずに長期的な運用を意識して、1日120円程度(コーヒー1杯分)の積立がおすすめです。

たむの仮想通貨運用実績
2024年2月最新
たむ▷1才女の子30代パパ

おすすめはNISA(つみたて枠)少額投資(現物株式や仮想通貨など)です。たむも余ったお金(1000円単位)で仮想通貨をコツコツ購入しています。※毎日積立は100円単位

仮想通貨は金融庁登録事業者の国内取引所が増えており、安全な資産運用の方法として定着しつつありますが、現時点でも投機色が強い資産運用です。リスク分散させるためにもコツコツ少額投資(1000円単位)で始めましょう。(毎日積立は100円からがおすすめ)

少額投資が意味ないと言われる背景と対策

たむ▷1才女の子30代パパ

少額投資が意味ないと言われる背景は、利益が少ないことや初心者向けの投資商品が限られていることが挙げられます。

しかし、長期的な資産形成やリスク分散を目的とする場合、少額投資でも十分に効果が期待できます。

対策として、自分の投資目的を明確にし、適切な投資方法を選択しましょう。

少額投資のデメリットと批判の根拠

少額投資のデメリットとして、次のような点が挙げられます。

少額投資のデメリット
  • 利益が少ない:投資額が少ないため、利益も相対的に少なくなります。
  • 手数料負担が大きい:投資額に対する手数料が比較的高くなることがあります。
  • 利用できる投資商品が限られる:初心者向けの投資商品は限られており、選択肢が狭まります。

これらのデメリットが批判の根拠となっています。

しかし、リスクを抑えつつ資産形成を目指す初心者にとっては、少額投資が適切な選択となることもあります。

少額投資でも期待できる利益のシミュレーション

たむ▷1才女の子30代パパ

少額投資をする場合、利益のシミュレーションをすることがおすすめです。

月々1万円を投資信託に積立投資し、年間リターンが5%だと仮定した場合、10年後には約160万円、20年後には約450万円、30年後には約1,000万円の資産が形成されることが期待されます。

▼金融庁 資産運用シミュレーション▼

このシミュレーションからも分かるように、少額投資でも長期間コツコツと積立を続けることで、十分な利益が得られることが期待できます。

たむ▷1才女の子30代パパ

資産運用シミュレーションは、金融庁が無料で公開しているシミュレーションツールで、毎月の掛金、想定利回り、積立期間の3つを入力するだけで簡単に行えます。

【参考】金融庁 資産運用シミュレーション

少額投資のリスクを最小限に抑える方法

少額投資のリスクを最小限に抑える方法として、次のポイントが挙げられます。

少額投資のリスクを抑える方法
  • リスク分散投資:複数の投資商品に分散投資することで、リスクを軽減できます。
  • 低コスト商品の選択:手数料が低い投資信託やETFなどを選ぶことで、コスト負担を抑えられます。
  • 長期投資の重視:長期投資を行うことで、短期的な相場変動の影響を受けにくくなり、リスクを抑えられます。

これらの方法を活用することで、少額投資でもリスクを抑えつつ資産を形成することができます。

まとめ

少額投資はお金がない方でも普段の生活の少しずつの節約で十分始めることができます。

「投資は怖い」「投資は危ない」という不安は分散投資や少額投資でリスクを最大限軽減できます。

まずは少額投資から始めて、自分の資産が増えていく感覚を得ることもおすすめです。

今回の内容を参考に、まずは少額投資を始めてみて、資産形成に取り組んでみましょう。

投資したいけどお金がない人!すぐに始められる少額投資術
ABOUT US
たむ▷チラかる暮らしを整えたい1才女の子パパ
沖縄県在住の「たむの暮らし 生活とお金を見直すメディア」運営局の管理者、執筆者です。人生を"ほんの少し" 豊かで幸せにするライフハック情報を発信中。Webマーケティング、集客コンサルティング、SNS活用をプライム上場企業やベンチャー企業を中心にコンサルティングを行っている。プロフィールは左端の「WebSite(地球儀アイコン)」をクリック!