たむの暮らしは消費者志向自主宣言 ・フォローアップ活動参加事業者です

若者の給料安すぎ問題と政府や企業の取り組みは?

若者の給料安すぎ問題と政府や企業の取り組みは?
たむ▷1才女の子30代パパ

日本の20代や30代前半の若者は、日本の給料安すぎ問題について、非常に敏感です。

本記事では、日本の給料安すぎ問題のの背景や解決策を詳しく解説します。

理解することで、自分のキャリアや生活に役立てることができます。

給料低いとやる気が出ない…モチベーションを高めて、理想の転職・副業を見つける方法

日本の若者が直面する給料安すぎ問題

日本の若者が低賃金で働かざるを得ない状況は、多くの社会問題と密接に関連しています。

経済成長が停滞し、企業が賃金を下げる傾向にあるため、若い世代の人たちが十分な収入を得られず、結果として生活に困難を抱えることが珍しくありません。

今後もこの問題が継続すれば、将来的な日本経済にも影響が出る可能性があると言われています。

20代の平均給与:国内外での格差

たむ▷1才女の子30代パパ

20代の日本人の平均給与は、他の先進国と比較すると著しい格差が見られます。

その前に日本国内の世代別平均年収を確認しましょう。

年代平均年収(全体)平均年収(男性)平均年収(女性)
全年代403万円449万円347万円
20代342万円365万円319万円
30代435万円474万円377万円
40代495万円562万円400万円
50代596万円658万円424万円
参考:平均年収ランキング(年齢・年代別の年収情報)【最新版】│doda by PERSOL

では、日本はOECD加盟国の中でどれほどの年収なのか、確認しましょう。こちらはデータ自体が全世代共通のものしかなかったため、参考として確認します。

※国民経済計算に基づく賃金総額を、経済全体の平均雇用者数で割り、全雇用者の週平均労働時間に対するフルタイム雇用者1人当たりの週平均労働時間の割合を掛けることで得られます。
※2022年対ドル平均130円で計算

国名2022年の平均年収
アメリカ$77,463(1,007万円)
デンマーク$64,127(833万円)
オーストラリア$59,408(772万円)
OECD トータル$53,416(694万円)
日本$41,509(539万円)
韓国$48,992(636万円)
2022平均賃金 (Average wage)│OECD
2022平均賃金 (Average wage)│OECD

上記のように日本の平均年収は他の先進国と比較して圧倒的に低い傾向にあります。また、日本は20年間でほぼ横ばいの成長率であり、他国と比べて上昇幅が限られています。

また、直近では、韓国にも平均年収が抜かれています。

この差は、日本の企業の給与策や雇用状況、社会保障制度の違いが影響しているとされています。また、地域や業界によっても平均給与に差があるため、若者が十分な収入を得ることが難しくなっています。

たむ▷1才女の子30代パパ

OECDの中でダントツで平均年収が低く、日本国内の全世代の中でも最も平均年収が低いため、日本の若者を中心に給料がいかに安過ぎるかがわかります。

給料安すぎがもたらす生活への影響

若者の給料が安すぎる問題は、様々な生活面への影響をもたらしています。

まず、安定した住居を確保することが困難になり、同棲や一人暮らしに踏み切れない人が増えています。

また、結婚や子育てを諦める人が増加し、少子高齢化が進む一因となっています。

さらに将来への不安から消費を抑える傾向があり、経済成長の足かせになっているとも言われています。

安い給料の背後にある経済・社会環境

たむ▷1才女の子30代パパ

若者の給料が安い背後には、経済・社会環境の変化が影響しています。

経済成長が鈍化し、企業が人件費を抑える傾向が強まっていることや、非正規雇用が増えていることが要因の一つとされています。

また、教育機会における格差や、求人倍率が上がってもリーマンショック前の水準に戻らない現状も若者の低賃金問題を引き起こす要因となっています。

若者の収入が増えない背景要因

たむ▷1才女の子30代パパ

若者の収入が増えない背景には、労働市場や雇用形態の変化、経済環境の悪化などが関係しています。

日本の労働市場では、正社員の待遇が改善されず、非正規雇用の増加が招く低賃金問題が深刻化しています。

さらに、技術革新や競争激化による企業の経営努力も、若者の収入向上の妨げとなっているのです。

労働市場の変化と雇用形態の多様化

労働市場の変化と雇用形態の多様化は、若者の収入が低い状況を生み出しています。

正社員と非正規雇用の待遇格差が拡大し、非正規雇用者が増えることで、若者たちの収入が低迷しているのです。

また、労働市場の変化により、未経験者が正社員として雇用される機会が減っており、若者が安定した収入を得ることが一層困難になっています。

企業のコスト削減と賃金抑制の理由

たむ▷1才女の子30代パパ

企業がコスト削減と賃金抑制を行う主な理由は、競争力の維持や利益の確保です。

経済が厳しい時期や業界競争が激しい場合、企業は自社の生き残りを図るために経費を削減します。

この経費削減の中で、人件費は大きな割合を占めるため、賃金の抑制が行われることが多いです。

また、労働者に対する企業の需要が供給を上回る場合、賃金が下がる傾向にあります。

これは、労働市場の需給バランスが賃金に影響を与える理由とも言えます。

一方で、労働者側から見ると、賃金抑制は生活水準の維持が困難になる原因となり、社会全体の経済成長に悪影響を与える可能性があります。

地方と都市部の賃金格差問題

たむ▷1才女の子30代パパ

地方と都市部での賃金格差は、経済格差や雇用機会の違いから生じます。

都市部では、大企業をはじめ、多くの企業が集まるため、雇用機会が多く、競争力を持つ労働者への賃金が高くなります。

その一方で、地方では産業が限定され、雇用機会が少ないため、賃金が低く抑えられる傾向にあります。

この賃金格差問題が深刻化すると、地方から都市部への人口流出が進み、地域経済の衰退が進んでしまいます。

地方の若者に対するキャリアチャンスが限られることで、地方での若者の働き手が不足し、地域に新しいビジネスが立ち上がりにくくなることも懸念されます。

低給与がもたらす若者のキャリア選択

たむ▷1才女の子30代パパ

低給与が若者のキャリア選択に与える影響は大きく、経済的な不安から安定した仕事を求める傾向が強まります。

低賃金で働くことから生じる経済的な制約が、キャリアチェンジやスキルアップの機会を失わせ、働く若者にとって大きな問題となっています。

不安定な雇用形態と選択肢の限定

不安定な雇用形態は若者の選択肢を限定し、キャリアの幅や成長を制約します。

非正規雇用が増える中、労働者は安定した雇用を求める傾向がありますが、正社員として雇用される機会が限られている現状では、若者は不安定な雇用形態に甘んじて働かざるを得ません。

その結果、キャリアの成長が阻害されるだけでなく、経済的な不安から消費や結婚など生活に影響を与える決断を先延ばしにする傾向があります。

近年では大企業も業績不振から45歳以上の社員から希望退職を募るなどの動きが加速しています。今後は、安定だけを求めて大企業や正社員を目指す姿勢はリスクの高い行動になる可能性があります。

給料安すぎで若者の転職活動の現状

たむ▷1才女の子30代パパ

給料が安すぎると、若者は転職活動に消極的になり、キャリアアップやスキルアップの機会を逃す可能性があります。

しかしながら、最近の傾向として、若者は給与や労働環境を改善するために転職を積極的に検討するようになっています。

転職サイトやSNSを活用して情報収集し、自分に合った企業や職種を探すことが求められています。

また、企業も若手人材が転職を考える理由を理解し、働きやすい環境やキャリア支援を提供することで、優秀な人材を確保しようとしています。

このような状況下で、若者が自分の価値を高め、転職活動や副業を成功させるためには、スキルアップやネットワーク作りが重要となります。

賃金対策で見直される企業の人材育成

たむ▷1才女の子30代パパ

企業の人材育成が賃金対策の一環として見直されています。

従業員のスキルや知識の向上により職場での生産性が向上し、結果として賃金の上昇が期待できるため、賃金対策が進められています。

企業が教育研修や社内研修を充実させることで、社員にスキルアップの機会を与えることが増えています。

また、企業としては成長分野やニーズが市場のニーズが高い業界に人材を配置する動きも加速しています。

こうした成長分野や市場から求められる専門知識を持つ従業員は賃金が上がりやすい傾向にあります。

政府と企業が進める対策と取り組み

たむ▷1才女の子30代パパ

政府と企業は、賃金引き上げを目指し様々な対策と取り組みを進めています。

政府は労働市場改革を行い、企業は働き方改革に取り組むことで労働環境の改善を目指しています。

給料引き上げ政策の現状と課題

給料引き上げ政策の現状は、経済状況や働き方改革の進展により一部の成果が出始めていますが、依然として課題が多く残っています。

その原因の一つは、企業の利益が賃金に十分に還元されず、労働者の収入が伸び悩んでいることです。

さらに、労働者のスキルアップに対する企業の支援が不十分な場合があります。

これらの課題解決のためには、政府は賃上げをした企業の法人税を優遇する企業が人材育成に取り組むことで、費用の一部を補助金として出すなどの取り組みが進められています。

【参考】賃上げ税制について(賃上げ促進税制/所得拡大促進税制)│経済産業省
【参考】人材開発支援助成金│厚生労働省

企業が行う若者支援プログラム

たむ▷1才女の子30代パパ

若者の就労機会を増やし、キャリア形成を支援するため、多くの企業が若者支援プログラムを実施しています。

企業が新卒採用後の研修や長期インターンシップの充実を図ることや、留学生や地方出身者に対する就職支援を行うことが挙げられます。

また、企業はメンターや専門家との交流を通じて、若者のスキルや知識を向上させる取り組みを行っています。

これらの取り組みにより、若者が自分のキャリアを築く手助けができ、給与も向上していくことが期待されています。

【参考】女性を含む若者の就業支援│男女共同参画局

地域別・業界別の賃金対策の取り組み

たむ▷1才女の子30代パパ

地域別・業界別の賃金対策取り組みも様々です。

たむの暮らし運営局がある沖縄県では、令和5年10月8日より沖縄県最低賃金が改正されています。

また、厚生労働省では、沖縄県の中小企業・小規模事業者に対する最低賃金引上げ等の環境整備のための支援策パッケージが作成されています。

また、沖縄県は若者が集まりやすいスタートアップ企業の支援に注力しており、最大200万円(補助率50%)まで補助される沖縄県スタートアップ起業支援金や、事業内容や法人設立手続きなどについて相談に応じてくれるスタートアップ・ラボ・ラグーン・ナハなど様々な支援が受けられます。

このように若者向きの企業や起業を推奨する地域もあり、各業界・地域で実施されている取り組みを参考にしながら、自分に適したキャリアや企業を見つけることが重要です。

ぜひ、次のアクションとして、自分の興味や適性に合った地域や業界の賃金対策を調べてみてください。

【参考】令和5年10月8日より沖縄県最低賃金が改正されます│沖縄労働局
【参考】最低賃金引上げ等の環境整備のための支援パッケージ 『沖縄県版支援パッケージ』を作成しました(PDF)│厚生労働省
【参考】沖縄県スタートアップ起業支援金
【参考】スタートアップ・ラボ・ラグーン・ナハ

たむの暮らしでは、20代〜30代の働き方の見直しやお金に関する悩みを解決する、有益な情報の配信をメディアミッションとして掲げています。

まとめ

日本は、未だに年功序列の評価制度や働かない、低パフォーマンスの社員を解雇できない労働規制が強い国です。

そのため、若くて優秀な人ほど割を食う社会が蔓延していると考えらえます。しかし、こうした不遇な労働環境はいずれ是正されることが予想されており、良くも悪くも実績や専門性を重視した労働環境に移っていくことが予想されます。

そのため、今を生きる若い世代は、今後の厳しい競争社会を生き抜くためにも自己投資を行い、スキルアップをしていくことが大切です。