無料動画講座視聴後にアンケート回答で全員にアマゾンギフト券プレゼント!バフェッサ2

iDeCoはやらないほうがいい?デメリット向いている人を簡単に解説

iDeCoはやらないほうがいい?デメリット向いている人を簡単に解説
たむ▷1才女の子30代パパ

将来の年金生活に上積みできるiDeCo(イデコ)には、デメリットや向いていない人などがあります。

新NISAが始まり、資産運用の人気が高まっている中、年金に焦点を当てたiDeCo(イデコ)も検討する人がいらっしゃいますが、こんな声も聞こえてきます。

相談者

「iDeCoはやめとけ」って言われたんですが、本当ですか?

iDeCo(イデコ)は向いている人と、向いていない人がいるため、「iDeCoはやめとけ」と言われる意見があると思います。

今回はiDeCoのデメリットや向いている人、向いていない人を中心に解説します。

視聴完了後アンケートで全員にAmazonギフト券プレゼント!

6月19日〜30日に無料投資講座の視聴者対象!!
視聴完了後にアンケート回答
全員にAmazonギフト券プレゼント!!

バフェッサ
なくなり次第、終了です!お急ぎください!バフェッサを見て、全員Amazonギフト券をゲット!!

特典を受け取るたったひとつの条件:申し込み後7日以内に動画を最後まで再生し、アンケートに回答した人が対象です(6月19日以降にバフェッサを視聴した人が対象)
※スマホ・タブレットでいつでも視聴可(倍速再生も可能で条件も達成できる)

※途中で動画を止めても続きから再生すればOK!(視聴完了後、メールが届きます)

6月19日以降に既に視聴を完了している人は、こちらのアンケートフォームからご回答ください。

bafessa-explanation

すぐに結論を知りたい!

メールアドレス、なまえ、携帯電話の3つを登録だけ

iDeCoはデメリットしかないと言われる、デメリット

たむ▷1才女の子30代パパ

iDeCo(イデコ)は個人型確定拠出年金制度として知られていますが、加入する際にはいくつかのデメリットがあります。

iDeCoの7つのデメリットを確認しましょう。

iDeCoのデメリット
  1. 60歳までお金を引き出せない
  2. 途中で解約ができない
  3. 掛け金に上限がある
  4. 元本割れのリスクがある
  5. 十分な預貯金が必要
  6. 国民年金保険料の滞納・免除は加入できない
  7. 毎月手数料がかかる

iDeCoのデメリットを十分に考慮しなければなりません。

60歳までお金を引き出せない

iDeCoの最大のデメリットが、原則60歳までお金を引き出せないという点です。

税制面での優遇が高い一方で、原則60歳までお金を引き出せないため、急な出費や教育資金の積立としては適していません。

60歳になる前にiDeCoからお金を引き出せる条件は以下の通りです。

iDeCo(イデコ)を引き出せるケース
  • 加入者が死亡し「死亡一時金」を受け取った場合
  • 加入者が高度障害状態になり「障害給付金」を受け取った場合
  • 一定の条件を満たし「脱退一時金」を受け取った場合

しかし、掛金の拠出が難しくなった場合、掛金の減額や支払い停止を申請できます。

途中で解約ができない

iDeCoは途中解約ができません。

そのため、リストラや収入が減った場合や、物価高で家計が苦しくなった時でも解約できず、今まで預けていたお金も引き出せません。掛金をずっと支払わなければなりません。

掛金の支払いが苦しくなったとき、掛金の減額や支払いの停止は申請できます

掛け金に上限がある

iDeCoには掛け金に上限があります。

そのため、NISAと比べて資産の増え方が少なくなります。

iDeCo加入者拠出限度額(月額)
自営業、個人事業主など6万8,000円 ※1
社員・公務員など会社に企業年金がない2万3,000円
企業型DCのみに加入している2万円
DBと企業型DCに加入している1万2,000円
DBのみに加入している
公務員
業主婦(主夫)2万3,000円

※1 国民年金基金または国民年金付加保険料との合算

自営業者やフリーランスは毎月6万8000円まで拠出できますが、会社員の場合、最大でも2万3,000円となります。

優先順位を考える上では、自分が必要とする老後に必要な金額と照らし合わせて、iDeCoを検討しましょう。

【参考】iDeCo(イデコ)の加入資格・掛金・受取方法等│iDeCo公式サイト

iDeCoの限度額は?2024年12月の法改正でどう変わる?

元本割れのリスクがある

iDeCoは年金制度の補完制度のひとつですが、あくまで金融商品を運用するため、元本割れリスクがあります。

また、iDeCoは勤め先によって、選択できる金融商品が異なるため、自由度が下がりやすく、資産ポートフォリオを柔軟に見直すことが難しいといえます。

十分な預貯金が必要

iDeCoは途中解約ができず、毎月の掛金を捻出しなければなりません。

そのため、子供がいる家庭や貯金がない家庭はiDeCoのメリットを受けにくくなります。

無理してiDeCoに拠出することで、iDeCo貧乏に陥る可能性があるため、貯金が少ない場合、まずは節約や貯金(生活防衛費)を作ることか始めましょう。

国民年金保険料の滞納・免除は加入できない

iDeCoは国民年金を納めていないと加入はできません。

そのため、国民年金保険料の滞納・免除中の方はそもそもiDeCoを始められないため、まずは自分の収入を上げ、国民年金保険料を支払う能力をつけることが大切です。

毎月手数料がかかる

iDeCoはNISAと異なり、口座開設手数料と毎月の口座管理手数料が発生します。

iDeCoの口座開設手数料は一律 2,829円(税込)が必要です。

iDeCoの運用が可能なネット証券の口座管理手数料は同じとなっています。

口座管理手数料には、給付手数料、還付手数料があります。その他、換時手数料があります。

iDeCoが向いている人と向いていない人

たむ▷1才女の子30代パパ

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、将来の資産形成や節税対策に役立つ制度ですが、すべての人に向いているわけではありません。

iDeCoはどんな人に向いているか、またiDeCoが向いていない人をそれぞれわかりやすく解説します。

iDeCo(イデコ)ってなに?基本知識や節税メリットや向いている人をわかりやすく解説

iDeCoが向いている人の特徴や条件

iDeCoが向いている人の特徴は以下の通りです。

iDeCoが向いている人
  • 20代・30代などの若い世代
  • 長期間の投資に対して抵抗がない人
  • 定期的な収入が安定している人
  • 自己資金での退職後の生活資金を増やしたい人
  • 所得が多く、節税効果を最大限に活用したい人

iDeCoは加入期間が長いほど資産形成に役立ちます。

そのため、20代・30代などの若い世代や、会社員やひとつの会社に長く勤めたい人には、iDeCoはおすすめです。

また、積極的に資産運用をしたくない人にもおすすめですが、定期的なポートフォリオの見直しが必要です。

たむ▷1才女の子30代パパ

日本は累進課税のため、所得が高い人ほど、iDeCoは節税効果が高くなり、税制優遇措置を活かせます。

今の時代、大企業でも黒字リストラを行うなど「大企業に入れば安心」ということはなくなりつつあります。

今の状況に満足せずに収入を上げる努力が必要です。

iDeCoが向いていない人の特徴

一方、iDeCo(イデコ)が向いていない人の特徴は以下となります。

iDeCoが向いていない人の特徴
  • 短期間で資金を引き出す必要がある人
  • 収入が不安定で掛金の拠出が難しい人
  • 投資に対してリスクをとりたくない人
  • 自営業やフリーランス(個人事業主)の方

iDeCoは途中解約ができないため、教育資金が必要な人や急な出費が必要となる機会が増えそうな人は、iDeCoは向いていません。

また、iDeCoはずっと掛金を支払わなければならないため、収入が不安定で掛金の拠出が難しい人は他の資産運用がおすすめです。

iDeCoは年金制度の補完的な役割を果たしますが、金融商品を運用するため、元本割れリスクがあります。

自営業やフリーランス(個人事業主)は小規模共済がおすすめ!

小規模共済は掛金が最大毎月7万円まで可能で、全額所得控除の対象です。また、元本保証のため、収入が不安定になりやすい自営業やフリーランスに最適な制度です。

たむ▷1才女の子30代パパ

たむも小規模共済で毎月7万円を積み立てています。

「iDeCoはやめとけ」という口コミの真相

たむ▷1才女の子30代パパ

「iDeCoはやめとけ」という口コミがある真相には、特定のデメリットや誤解が存在することが多いといえます。

主な理由としては、以下のようなものが挙げられます。

「iDeCo(イデコ)はやめとけ」と言われる理由
  • 長期間資金が拘束されることへの不満
  • 運用結果が期待外れだった場合
  • 手数料や運用オプションの理解不足

iDeCoはすべての人にとって最適な選択肢ではないことはわかりますが、制度の内容や向いている人、向いていない人など正しい知識や情報を得ることが大切です。

自分のライフスタイルなども考慮して、iDeCoを選ぶべきか検討しましょう。

iDeCo運用会社の選び方と新NISAとの違い

たむ▷1才女の子30代パパ

iDeCoに限らず、資産運用会社は運用手数料を比較して、なるべく手数料が安く済む会社を選ぶべきです。

また、iDeCoは勤めている企業によって、選べる金融商品が異なるため、商品選びも大切なポイントです。

運用手数料は同じ

iDeCoの運用手数料を主要5大ネット証券会社を比較したところ、手数料は各社同じです。

ネット証券対象者支払先合計額(税込)
国民年金基金連合会信託銀行各ネット証券
SBI証券 iDeCo
楽天証券
マネックス証券 iDeCo
auカブコム証券
松井証券のiDeCo
加入者
※掛金を拠出している人
105円
収納1回あたり
66円(月額)0円 無料171円
運用指図者
※新たな掛金を拠出していない人
66円
【各ネット証券会社】掛金の拠出・運用手数料

ネット証券項目支払先手数料(税込)
SBI証券 iDeCo
楽天証券
マネックス証券 iDeCo
auカブコム証券
松井証券のiDeCo
加入時/移換時手数料国民年金基金連合会2,829円
給付手数料信託銀行440円 / 1回
還付手数料国民年金基金連合会1,048円
日本カストディ銀行
事務委託先金融機関
440円
移換時手数料管理金融機関4,400円
【各ネット証券会社】その他の手数料
ネット証券対象者支払先合計額(税込)
国民年金基金連合会信託銀行各ネット証券
SBI証券 iDeCo
楽天証券
マネックス証券 iDeCo
auカブコム証券
松井証券のiDeCo
加入者
※掛金を拠出している人
105円
収納1回あたり
66円(月額)0円 無料171円
運用指図者
※新たな掛金を拠出していない人
66円
【各ネット証券会社】掛金の拠出・運用手数料

ネット証券項目支払先手数料(税込)
SBI証券 iDeCo
楽天証券
マネックス証券 iDeCo
auカブコム証券
松井証券のiDeCo
加入時/移換時手数料国民年金基金連合会2,829円
給付手数料信託銀行440円 / 1回
還付手数料国民年金基金連合会1,048円
日本カストディ銀行
事務委託先金融機関
440円
移換時手数料管理金融機関4,400円
【各ネット証券会社】その他の手数料

各ネット証券会社はいずれも手数料が安く、iDeCo口座を提供しているため、投資初心者にも優しいといえます。

おすすめのiDeCo口座特徴・特典
マネックス証券
マネックス証券 iDeCo
年収650万円会社員で年間82,800円も節税!
マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo
松井証券
松井証券のiDeCo
やれば年6万円節税できる年金制度!
松井証券 [iDeCo]
松井証券のiDeCo
SBI証券アプリ
SBI証券 iDeCo
iDeCo加入者数第1位!運営管理手数料が0円!
SBI証券 iDeCo
SBI証券 iDeCo
楽天アプリ
楽天証券 iDeCo
楽天経済圏ユーザーは迷わず、楽天証券 iDeCo!
auカブコム証券
auカブコム証券 iDeCo
au経済圏の方におすすめのiDeCo口座!
iDeCoを始められるネット証券
iDeCo(イデコ)5大ネット証券の手数料比較

iDeCoと新NISAの違い

iDeCoと新NISAは共に投資を促進するための税優遇制度ですが、利用条件や特徴に違いがあります。

iDeCoと新NISAの違い
  • NISAは運用益や配当が非課税
  • iDeCoは掛金が全額所得控除として適用

また、iDeCoは年金資金として、NISAはより自由度の高い資産形成として位置づけられます。

比較新NISAiDeCo
掛け金税優遇なし全額控除対象
運用利益一生ずっとゼロ円
非課税保有限度額1800万円
つみたて投資枠

600万円
成長投資枠
1200万円
実質限度額あり
月の上限23,000円の場合
一部の会社員・主婦
月の上限12,000円の場合
公務員・BD加入者
45年 1,242万円45年 648万円
ポイント途中解約や売却が可能
売却で買付枠が復活する

原則60歳まで受取ができない
(途中解約不可)
新NISAとiDeCo(イデコ)の違い
比較新NISAiDeCo
掛け金税優遇なし全額控除対象
運用利益一生ずっとゼロ円
非課税保有限度額1800万円
つみたて投資枠

600万円
成長投資枠
1200万円
実質限度額あり
月の上限23,000円の場合
一部の会社員・主婦
月の上限12,000円の場合
公務員・BD加入者
45年 1,242万円45年 648万円
ポイント途中解約や売却が可能
売却で買付枠が復活する

原則60歳まで受取ができない
(途中解約不可)
新NISAとiDeCo(イデコ)の違い
iDeCo(イデコ)ってなに?基本知識や節税メリットや向いている人をわかりやすく解説

iDeCoと年金制度の関係

iDeCoは公的年金を補完する形で設計された個人向けの確定拠出年金制度です。

そのため、受け取れる年金額を増やすという目的が合致しています。

iDeCoと年金制度との関係性
  • iDeCoは自分で資産を運用し、老後資金を形成
  • 公的年金とは異なり、受取額が運用成績に依存

iDeCoを利用することで、将来的に受け取る年金額を増やすことができるため、早めの加入が推奨されます。

視聴完了後のアンケート回答でAmazonギフト券を全員プレゼント!!

たむ▷1才女の子30代パパ

新NISA対応の人気講座「バフェッサ」の5,000円相当の動画投資講座が無料で視聴できます。

しかも今なら!

無料投資講座の視聴した後にアンケートに回答すると、全員にAmazonギフト券がプレゼント!

※視聴せずにアンケートに回答したら無効です。

6月19日以降、既に視聴した人も対象です!

既に無料投資講座「バフェッサ」を視聴完了している人(6月19日〜6月30日の人が対象)もアンケートに答えると、全員Amazonギフト券プレゼントの対象です!

既に視聴した人は以下のアンケートフォームからご回答ください!

アンケートフォームはこちら

なくなり次第、終了となります!お急ぎください!

新NISA対応の人気講座バフェッサ

相談者

理想の人生を送るために投資したいけど、何をすればいいかわからない

相談者

NISAを始めているけど、マイナスで売却しようか迷っている

損をしたくない人は、新NISA初心者に人気の高い、バフェット流 新NISA講座「バフェッサだけ見ておけばOKです。

\倍速で見れるNISA初心者向け講座/
バフェッサ
バフェッサ

損をしたくないなら
新NISAの基本をバフェッサ」を知りましょう

2時間の無料動画を見るだけ(倍速OK!)で、NISAの無税を活用しながら、大きく資産を増やすための知識を得られます。

倍速で1時間弱で観れる動画すら観れない人は、二度と「損したくない」とか言わないでください

6月19日〜30日に無料投資講座の視聴者対象!!
視聴完了後にアンケート回答
全員にAmazonギフト券プレゼント!!

15秒の作業でOK
メールアドレス、なまえ、携帯電話番号の3つ登録
だけで無料視聴

bafessa-explanation

私はNISAに毎月5万円を投資し、仮想通貨に毎月15,000円を投資しています。資産運用結果を毎月公開しています!

視聴完了後のアンケート回答でAmazonギフト券を全員プレゼント!!

たむ▷1才女の子30代パパ

新NISA対応の人気講座「バフェッサ」の5,000円相当の動画投資講座が無料で視聴できます。

しかも今なら!

無料投資講座の視聴した後にアンケートに回答すると、全員にAmazonギフト券がプレゼント!

※視聴せずにアンケートに回答したら無効です。

6月19日以降、既に視聴した人も対象です!

既に無料投資講座「バフェッサ」を視聴完了している人(6月19日〜6月30日の人が対象)もアンケートに答えると、全員Amazonギフト券プレゼントの対象です!

既に視聴した人は以下のアンケートフォームからご回答ください!

アンケートフォームはこちら

なくなり次第、終了となります!お急ぎください!

新NISA対応の人気講座バフェッサ

相談者

理想の人生を送るために投資したいけど、何をすればいいかわからない

相談者

NISAを始めているけど、マイナスで売却しようか迷っている

損をしたくない人は、新NISA初心者に人気の高い、バフェット流 新NISA講座「バフェッサだけ見ておけばOKです。

\倍速で見れるNISA初心者向け講座/
バフェッサ
バフェッサ

損をしたくないなら
新NISAの基本をバフェッサ」を知りましょう

2時間の無料動画を見るだけ(倍速OK!)で、NISAの無税を活用しながら、大きく資産を増やすための知識を得られます。

倍速で1時間弱で観れる動画すら観れない人は、二度と「損したくない」とか言わないでください

6月19日〜30日に無料投資講座の視聴者対象!!
視聴完了後にアンケート回答
全員にAmazonギフト券プレゼント!!

15秒の作業でOK
メールアドレス、なまえ、携帯電話番号の3つ登録
だけで無料視聴

bafessa-explanation

私はNISAに毎月5万円を投資し、仮想通貨に毎月15,000円を投資しています。資産運用結果を毎月公開しています!

本コラムはたむの暮らしが独自に制作しており、公正・正確・有益な情報発信の提供に努めています。 詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。 もし誤った情報が掲載されている場合、お問い合わせよりよりご連絡ください

ABOUT US
たむ▷チラかる暮らしを整えたい1才女の子パパ
沖縄県在住の「たむの暮らし 生活とお金を見直すメディア」運営局の管理者、執筆者(元浪費家・元汚部屋出身)です。人生を"ほんの少し" 豊かで幸せにするライフハック情報を発信する、奥さんと女の子の3人暮らしの30代。2022年にNISA、2023年に仮想通貨投資を開始した投資初心者!本業は企業向けマーケティングコンサルティングです。