年利15&以上で4年以内に毎月10万円の利益を目指す!バフェッサ動画投資講座

iDeCoの加入資格を職業別に解説!

たむ▷1才女の子30代パパ

iDeCoは国民年金の未払いや免除、特定の職業意外であれば、基本的に多くの方が加入できます。

iDeCoの加入資格はどうすればわかりますか?

iDeCoは自営業(フリーランス)、会社員、公務員、専業主婦(夫)、パートタイムの方でも加入しやすい制度です。

iDeCoの加入資格があるかどうかは、iDeCo公式サイトのカンタン加入診断で確認してみるのがおすすめです。

4年以内に毎月10万円の利益を目指す!

累計受講者数40万人以上!満足度93%!
\新NISA活用術が期間限定無料/

バフェッサ
バフェッサ無料動画視聴

特典を受け取るたったひとつの条件:申し込み後7日以内に最後まで動画を再生した人が対象です。
※スマホ・タブレットでいつでも視聴可(倍速再生も可能で条件も達成できる)
※途中で動画を止めても続きから再生すればOK!(視聴完了後、メールが届きます)

メールアドレス、なまえ、携帯電話の3つを登録
15秒の作業だけで無料視聴

bafessa-explanation

iDeCo加入資格の基本条件

たむ▷1才女の子30代パパ

iDeCoは年齢や職業によって、加入資格が異なり、会社員、自営業者、専業主婦、公務員、教職員の方が対象です。

それぞれの条件と注意点について詳しく解説しますね!

iDeCo(イデコ)ってなに?基本知識や節税メリットや向いている人をわかりやすく解説

会社員のiDeCo加入資格

会社員は国民年金の第2被保険者に該当します。

会社員がiDeCoに加入するためには、まずは自分が勤める会社がiDeCoへの加入サポートしているかを確認しましょう。

企業型確定拠出年金を提供している場合、個人型確定拠出型年金に加入するメリットが異なる場合があります。

また、税制面でのメリットも理解しておく必要があります。

iDeCoに向いている会社員の特徴
  • 大手企業に勤めているが、企業型年金のみでなく個人型にも関心がある会社員
  • 中小企業に勤めており、企業型年金が整備されていない会社員
  • 給与が高く、節税対策としてiDeCoに興味がある会社員

会社員は、勤務先の制度をよく理解し、自分に合った選択をすることが大切です。

iDeCoハラスメントが問題に!?

会社によっては、iDeCoの加入を希望したとしても事業主(会社)が手続きを拒否することがあるようです。会社員がiDeCoに加入するためには、事業者の記入事項が必須となります。

公務員・教職員のiDeCo加入資格

公務員や教職員も会社員と同様に国民年金の第2被保険者に該当します。

公務員には安定した退職金制度がありますが、iDeCoを利用することで更なる資金の蓄積が見込めます。

教職員は、教育機関によるサポートもあり得るため、確認が必要です。

自営業者(フリーランス)やその家族のiDeCo加入資格

自営業者やフリーランス、その家族、学生は国民年金の第1被保険者に該当します。

自営業者やフリーランスの場合、iDeCoへの加入資格がありますが、注意点があります。

また自営業者やフリーランスは収入に応じて、掛け金を調整でき、節税効果も見込めます。

iDeCoがおすすめの自営業者やフリーランスの特徴
  • 収入が不定期な自営業者
  • 家計を支えるために将来の資金を確保したい専業主婦
  • 事業の拡大を見込んでいるが、自己年金を準備したい自営業者

自営業者やフリーランスは、ライフスタイルに合わせて、資金計画を立てることが大切です。

自営業者やフリーランスは収入の保障がないため、すぐに現金化できる新NISAや小規模共済を優先しましょう。

専業主婦(主夫)などの配偶者

専業主婦(主夫)など会社員など厚生年金に加入している20歳以上60歳未満の配偶者(国民年金の第3被保険者:パートタイムも含む)もiDeCoへの加入が可能です。

公務員には安定した退職金制度がありますが、iDeCoを利用することで更なる資金の蓄積が見込めます。教職員は、教育機関によるサポートもあり得るため、確認が必要

▽▽▽iDeCoの拠出限度額▽▽▽

加入資格拠出限度額
自営業者等(※)とその家族、フリーランス、学生など
第1号被保険者・任意加入被保険者
※20歳以上〜60歳未満
月額6万8000円(年額81万6,000円)
※国民年金基金または国民年金付加保険料との合算枠
厚生年金の被保険者(会社員、公務員等)
(国民年金の第2被保険者)
会社に企業年金がない会社員月額2万3,000円
※年額27万6,000円
企業型DCのみに加入している
会社員
月額2万円
DBと企業型DCに加入している
会社員
月額1万2,000円
※年額81万6,000円
DBのみに加入している
会社員・公務員
月額1.2万円
※年額14万4,000円
厚生年金の被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(専業主婦・夫)
(第3号被保険者)
月額2万3,000円
※年額27万6,000円
【参考】iDeCo(イデコ)の加入資格・掛金・受取方法等│iDeCo公式サイト
iDeCoのメリット・デメリット
  • 月々5,000円から始められ、掛け金額は1,000円から自由に設定できる
  • 掛け金が全額所得控除
  • 利息・運用益が非課税
  • 受取時も一定額まで税制優遇
  • 原則60歳まで引き出せず、元本割れのリスク、手数料がかかるなどのメリットがあります
iDeCoの限度額は?2024年12月の法改正でどう変わる?

iDeCoの制度と利用方法

たむ▷1才女の子30代パパ

iDeCo(個人型確定拠出年金)には、多くの制度と利用方法があります。

iDeCo制度は、掛け金が全額節税になり、資産を増やせます。また、投資対象の選択も自由度が高く、新NISAとの併用もできます。

控除・免除の適用:節税効果を活用しよう

iDeCoを利用する最大のメリットが節税効果です。掛け金が所得控除の対象となるため、年末調整や確定申告時に税金が軽減されます。

節税効果が高い人
  • 年収が高く税率が高い方
  • 所得控除の対象となる掛け金で節税を最大化したい方
  • 長期的な資産形成と節税を同時に考えている方

iDeCoを利用することで、効果的に税負担を軽減し、老後の備えを蓄えられます。

投資選択と資産運用の重要ポイント

iDeCoには、投資先の選択肢が豊富に用意されています。株式、債券、不動産など、多岐にわたる投資商品から選ぶことができます。

iDeCoの投資商品の特徴
  • リスクとリターンのバランスを考慮した投資信託(専門家が株式や債券などに投資・運用)
  • 確実に資産を増やす元本確保商品(定期預金や保険商品)

資産運用は、自分が必要とする将来の蓄えに合った、適切な金融商品選びから始まります。

自分の資産運用目標とリスク許容度を明確にし、投資しましょう。

iDeCoと新NISAの併用

iDeCoと新NISAを併用することで、さらに効果的な資産運用が可能です。

新NISAは投資した利益に対する非課税メリットがあり、iDeCoは掛金の所得控除という税のメリットがあります。

iDeCoと新NISAを併用するメリット
  • 長期的な積立投資としてNISAを利用する
  • 毎月の節税効果が高いiDeCoを利用する
  • iDeCoと新NISAを使い分け、税負担を小さくし、資産を公立的に増やす
比較新NISAiDeCo
掛け金税優遇なし全額控除対象
運用利益一生ずっとゼロ円
非課税保有限度額1800万円
つみたて投資枠

600万円
成長投資枠
1200万円
実質限度額あり
月の上限23,000円の場合
一部の会社員・主婦
月の上限12,000円の場合
公務員・BD加入者
45年 1,242万円45年 648万円
ポイント途中解約や売却が可能
売却で買付枠が復活する

原則60歳まで受取ができない
(途中解約不可)
新NISAとiDeCo(イデコ)の違い

iDeCoの運営および管理機関

iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営と管理は、金融庁に認可された運営機関(金融機関)が登録されています。

iDeCoの運営および管理機関
  • 銀行
  • 証券会社
  • 保険会社

それぞれの運用機関には特徴があり、提供する投資商品や手数料、サービスが異なります。

銀行や証券会社、保険会社の特徴
  • 銀行は安定性を求める人に適している
  • 証券会社は多様な投資商品を提供する
  • 保険会社は老後の生活設計に特化した商品を提供する

 iDeCoの加入者は自分の投資スタイルや目標に合った運営機関を選ぶことが大切です。

また、各運営機関は定期的な報告義務を課せられており、iDeCo加入者への情報提供をおこなってくれます。

iDeCoへの加入前に、各運営機関を理解し、比較検討しましょう。

たむ▷1才女の子30代パパ

たむのおすすめはiDeCo口座開設が簡単で、運用利回りが高い投資信託が豊富なネット証券です!

ネット証券対象者支払先合計額(税込)
国民年金基金連合会信託銀行各ネット証券
SBI証券 iDeCo
楽天証券
マネックス証券 iDeCo
auカブコム証券
松井証券のiDeCo
加入者
※掛金を拠出している人
105円
収納1回あたり
66円(月額)0円 無料171円
運用指図者
※新たな掛金を拠出していない人
66円
【各ネット証券会社】掛金の拠出・運用手数料

ネット証券項目支払先手数料(税込)
SBI証券 iDeCo
楽天証券
マネックス証券 iDeCo
auカブコム証券
松井証券のiDeCo
加入時/移換時手数料国民年金基金連合会2,829円
給付手数料信託銀行440円 / 1回
還付手数料国民年金基金連合会1,048円
日本カストディ銀行
事務委託先金融機関
440円
移換時手数料管理金融機関4,400円
【各ネット証券会社】その他の手数料

おすすめのiDeCo口座特徴・特典
マネックス証券
マネックス証券 iDeCo
年収650万円会社員で年間82,800円も節税!
マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo
松井証券
松井証券のiDeCo
やれば年6万円節税できる年金制度!
松井証券 [iDeCo]
松井証券のiDeCo
SBI証券アプリ
SBI証券 iDeCo
iDeCo加入者数第1位!運営管理手数料が0円!
SBI証券 iDeCo
SBI証券 iDeCo
楽天アプリ
楽天証券 iDeCo
楽天経済圏ユーザーは迷わず、楽天証券 iDeCo!
auカブコム証券
auカブコム証券 iDeCo
au経済圏の方におすすめのiDeCo口座!
iDeCoを始められるネット証券
iDeCo(イデコ)5大ネット証券の手数料比較

本コラムはたむの暮らしが独自に制作しており、公正・正確・有益な情報発信の提供に努めています。 詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。 もし誤った情報が掲載されている場合、お問い合わせよりご連絡ください。

累計受講数40万人以上!満足度93%!
新NISA無料動画講座バフェッサ
累計受講数40万人以上!満足度93%!
新NISA無料動画講座バフェッサ