たむの暮らしは消費者志向自主宣言 ・フォローアップ活動参加事業者です

ほったらかし投資で資産を増やす方法【投資初心者必見】

ほったらかし投資で資産を増やす方法【投資初心者必見】
たむ▷1才女の子30代パパ

資産を増やすためのほったらかし投資に興味はありますか?

本記事では、ほったらかし投資の基本を解説し、おすすめの資産運用商品や投資戦略を紹介します。

また、NISAやiDeCoなどの制度活用やロボアドバイザーを利用した資産管理にもご紹介していくので、これから投資を始めたい方や少額投資を始めたい方も安心して資産運用ができるようになります。

【更新情報】2024年2月1日:監修者による監修を実施し、監修者情報を追記しました。

ほったらかし投資の基本理解【少額投資初心者向け】

たむ▷1才女の子30代パパ

ほったらかし投資は、時間を味方につけて利益を出す投資方法です。

長期間にわたって資産を運用することでリスクを分散し、確実な利益を目指すことが基本です。

おすすめの商品や方法、運用上のポイントや注意点を少額投資初心者向けに解説します。

ほったらかし投資とは

ほったらかし投資とは、長期間にわたって資産を運用し、利益を積み上げる投資スタイルです

以下がその特徴と魅力です。

ほったらかし投資の魅力とは
  • 少額の資金から始められる
  • 長期間の投資でリスクを分散できる
  • 仕事や子育てで忙しい人や投資初心者にも手軽

定期的に資金を投入し、分散投資を行うことで、相場の波に乗らずに安定した利回りを目指せます。

また、NISAやiDeCoなどの非課税制度を利用すれば、さらなる利益が期待できます。

▼▽▼ NISAやiDeCoの非課税制度比較 ▼▽▼

比較新NISAiDeCo
掛け金税優遇なし全額控除対象
運用利益非課税(恒久)
非課税保有限度額1800万円
つみたて投資枠

600万円
成長投資枠
1200万円
実質限度額あり
月の上限23,000円の場合
一部の会社員・主婦
月の上限12,000円の場合
公務員・BD加入者
45年 1,242万円45年 648万円
ポイント途中解約や売却が可能
売却で買付枠が復活する

原則60歳まで受取ができない
(途中解約不可)
30代から始めるNISAとは?おすすめの投資信託やライフステージ別資産配分、iDeCoも解説【2024年最新版】

ほったらかし投資で利益を上げるための投資戦略

たむ▷1才女の子30代パパ

ほったらかし投資で利益を上げるためには、自分に合った商品を選び、長期的な視点で資産運用を行うことが大切です。

運用期間やリスク許容度に応じた資産配分を心がけましょう。

お金を増やすための方法8選

お金を増やすためのおすすめの資産運用商品・方法は以下の8つです。

お金を増やすための方法8選
  • 定期預金
  • 株式投資
  • 投資信託
  • NISA(少額投資非課税制度)
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • ロボアドバイザー
  • 不動産投資
  • FX(外国為替証拠金取引)
  • 仮想通貨

投資初心者やほったらかし投資を目指す方には、定期預金や投資信託、iDeCoやNISAなどがおすすめです。

適切なリスク管理と資産分散を行い、安定した利益が見込める運用方法を選びましょう。

長期安定投資のための金融商品の選び方とポイント

たむ▷1才女の子30代パパ

長期安定投資を行うには、投資信託や高配当連続配当の銘柄など選ぶことが大切です。

個別株に投資する際は、配当利回りだけでなく、業績が安定している企業を選びましょう。

企業の業績が良ければ、株価や利益が安定して長期的に資産が増える可能性が高まります。

業績が良い企業の特徴
  • 市場シェアが高い(できれば、グローバル市場)
  • 継続的かつ利益率が良い(インフラやリース事業など)
  • 安定して成長が続いている企業(生活用品などコモディティ商品)

などが挙げられます。

株主に対する利益還元が十分な企業を選びましょう。配当や株主優待が充実している企業は、長期投資に適しています。

また、分散投資を行うこともポイントです。多くの銘柄に投資することで、リスクを軽減できます。国内株と海外株のバランスや特定の業界や企業に偏らないように投資先を選びましょう。

投資信託やETFを利用することもおすすめです。一括で多くの銘柄や業界に投資が可能になり、リスクを分散できます。

上記の投資戦略はNISAを活用して実行できます。

▼▽▼ NISAによる4つの投資戦略 ▼▽▼

つみたて投資枠だけでコア資産 (NISA初心者向け)
新NISA つみたて投資枠だけでコア資産
つみたて投資枠と成長投資枠の両方でコア資産
新NISA つみたて投資枠と成長投資枠
両方でコア資産
投資信託と株式でコア・サテライト戦略
新NISA 投資信託と株式でコア・サテライト戦略
高配当株・連続増配株に投資
新NISA 高配当株・連続増配株に投資

口座・制度・サービスの活用で投資効果アップ

たむ▷1才女の子30代パパ

投資効果をアップするためには、口座・制度・サービスを上手く活用しましょう。

NISAやiDeCoなどの非課税投資制度を利用して、税金を節約できます。

また、SBI証券や楽天証券など手数料の安い証券会社を選ぶことで、コストを抑えることが可能です。さらに、ロボアドバイザーやAIを利用することで、資産管理が効率化されます。

30代から始めるNISAとは?おすすめの投資信託やライフステージ別資産配分、iDeCoも解説【2024年最新版】

NISAやiDeCoを利用した非課税投資のススメ

たむ▷1才女の子30代パパ

NISAやiDeCoは、長期的な資産運用を前提とした非課税投資制度です。

NISAはつみたて投資枠で年間120万円(合計600万円)、成長投資枠で年間240万円(合計1200万円)までを非課税保有限度額で得られた利益や配当金はついて、所得税・消費税が非課税になります。

一方、iDeCoは年金積立の一環として毎月一定額を積み立て、掛け金と運用益の両方が非課税になる制度です。

比較新NISAiDeCo
掛け金税優遇なし全額控除対象
運用利益非課税(恒久)
非課税保有限度額1800万円
つみたて投資枠

600万円
成長投資枠
1200万円
実質限度額あり
月の上限23,000円の場合
一部の会社員・主婦
月の上限12,000円の場合
公務員・BD加入者
45年 1,242万円45年 648万円
ポイント途中解約や売却が可能
売却で買付枠が復活する

原則60歳まで受取ができない
(途中解約不可)

どちらも長期的な投資を前提とした制度なので、お金を増やす目的で資産運用を行う際には、上手く利用しましょう。

資金が限られている人(少額投資希望者)や投資初心者の方には、リスクを抑えつつ運用効果を高められます。

人気ロボアドバイザーやAIを活用した資産管理

たむ▷1才女の子30代パパ

人気ロボアドバイザーを活用することで、資産管理が効率化されます。

ロボアドバイザーは、投資家の目的やリスク許容度に応じてポートフォリオを最適化し、運用を行ってくれます。

これにより、投資家は手間をかけずに資産運用ができます。

銘柄の選定や売買タイミングを自動で判断し、運用効果を向上させてくれます。これにより、自分で銘柄選びや売買タイミングを考える必要がなくなります。

ロボアドバイザーを活用した資産管理は、初心者にもおすすめです。ぜひ、最新の技術を利用して効率的に資産を増やしましょう。

投資初心者が失敗しないための注意ポイントと対策

たむ▷1才女の子30代パパ

投資初心者が失敗しないためには、リスク管理が重要です。

まず、投資額やリスク許容度に応じて適切な商品・銘柄を選びましょう。

また、分散投資によりリスクを軽減し、定期的にポートフォリオを見直すことも大切です。

リスクを避けるための資金管理・期間・分散投資を考慮

たむ▷1才女の子30代パパ

資金管理、期間、分散投資を考慮してリスクを避ける方法を解説します。

資金管理では、投資に使える資金は余裕資金に限定し、生活費や緊急時の貯金は触らないようにしましょう。

次に、投資期間を見極めましょう。長期投資であれば、市場の変動に左右されず、リスクを抑えられます。

また、変動幅が大きい仮想通貨は利確タイミングを見極めて、その時期に必ず利確、損切りを行うようにしましょう。

長期投資に加えて、活用したい手法が分散投資です。

分散投資とは、資産を複数の銘柄や商品に投資することで、リスクを軽減する方法です。株式や投資信託だけでなく、不動産や債券など、異なる資産クラスに投資することでリスクを分散させます。

リスクを抑えるためのポイント
  1. 生活費や緊急時の貯金は触らない
  2. 投資期間を見極める(長期運用がおすすめ)、仮想通貨など変動幅が大きい資産は利確時期を見極める
  3. 資産を複数の銘柄や商品に投資する

不動産などの購入が難しい場合、REIT(不動産投資信託)がおすすめです。ワンルームマンション投資、非常にトラブルや詐欺が横行しているので、気をつけましょう。

資産の形成と目標設定 – 月々1万円からはじめる資産運用

たむ▷1才女の子30代パパ

資産形成を目指すために、月々1万円から始める資産運用方法を紹介します。

月々1万円から資産運用を開始するには、以下のステップで開始しましょう。

STEP

資産運用の目標設定を明確にしましょう。
老後の蓄えや子供の教育資金など、具体的な目標があると運用がしやすくなります。

STEP

適切な投資商品を選びましょう
初心者におすすめなのは、毎月一定額を積み立てられる投資信託や、非課税制度のNISAを利用する方法です。

STEP

定期的に運用状況を確認し、必要に応じて資産の再配分やリスク管理する

リスク許容度に応じて分散投資を実践し、安定した利益を目指しましょう。この手順で、手堅く資産形成を進めることができます。

年間100万円以上を貯金&投資!超ドケチ生活術エピソード集【たむの周りの体験談】

専門家が教えるほったらかし投資の実践事例と成功事例

たむ▷1才女の子30代パパ

ほったらかし投資の実践事例として、定期的な積立や分散投資を組み合わせた投資信託が挙げられます。

長期間にわたり安定した利益を享受できた人はウォーレン・バフェットのような投資家だけでなく、一般の人も多くいらっしゃいます。

ほったらかし投資は、手間が少なく、積立金額も少額で始められることがメリットとされています。

たむも一般家庭の人間ですが、以下のように順調に資産を構築できています。

たむの資産運用実績

毎月一定額の積立投資を活用した株式投資や投資信託

たむ▷1才女の子30代パパ

毎月一定額の積立投資を活用した株式投資や投資信託の方法を解説します。

株式投資では、一定額を毎月積み立てることで、株価の変動リスクを緩和できます。

投資信託の場合、運用会社が専門家による管理を行っており、投資初心者でも安心して始められます。

定期的な積立により、長期的に資産の形成が可能であり、リスクの分散も期待できます。

積立投資は、無理なく始められ、日々確認する必要はないため、20代や30代の若い世代や家族向けにもおすすめです。

ただし、運用商品やリスクに関する知識を持ったうえで、定期的に見直すことが大切です。

投資初心者は何から始めたらいい?知っておきたい資産運用の開始方法

不動産や金融商品を利用した効果的な資産運用

たむ▷1才女の子30代パパ

不動産や金融商品を利用した効果的な資産運用は、長期的な利益の獲得を目指す方法です。

不動産投資においては、物件の購入や賃貸経営を通じて資産を形成し、金融商品においては、株式や投資信託、NISAやiDeCoなどの非課税制度を活用しましょう。

不動産投資のメリットは、安定した収入や価格上昇による利益が期待できる点です。

一方、デメリットとしては初期投資が必要であることや、物件管理に手間がかかる、さらには固定資産税や修繕積立費など固定費が必要である利益が出るまで30年以上かかる30年後に価値が維持できるかがわからないなどが挙げられます。

また、近年ではワンルームマンション投資でトラブルが多発しているため、十分な知識がない方はおすすめできません。

金融商品の運用では、リスク分散を意識して複数の銘柄に投資することが大切です。

投資初心者の場合、知識が不足していることがハードルとなることがありますが、ロボアドバイザーを活用したサービスを利用することで、適切な投資判断をサポートしてもらえます。

また、少額の資金から始めることができる定期積立や毎月の投資を続けることで、長期的な資産形成が可能になります。

ほったらかし投資のデメリットと対策

たむ▷1才女の子30代パパ

ほったらかし投資のデメリットは、市場の変動に対応できずリスクを抱えることがある点です。

対策方法として、定期的なポートフォリオのチェックやリバランシングを行い、リスクの分散を図ることが効果的です。

短期間で利益を出せない場合の心構えと対処

たむ▷1才女の子30代パパ

短期間で利益が出ない場合でも焦らず、長期的な視野を持つことが大切です。

投資にはリスクが伴うため、損失を受け入れる覚悟も必要です。

リスク管理やポートフォリオの整理を行い、より安定した運用を目指すことが重要です。

また、定期的に投資状況を確認し、適切な対処を行いましょう。

投資市場の変動に対応するためのリスクヘッジ

たむ▷1才女の子30代パパ

投資市場の変動に対応するためのリスクヘッジ方法としては、分散投資が有効です。

複数の商品や業種、国に投資することでリスクを軽減できます。

さらに、定期的な見直しやリバランシングを行って、適切なポートフォリオを維持しましょう。今後も投資の知識やスキルを磨いて、より効果的な資産運用を目指してください。

まとめ

ほったらかし投資は、NISAを活用することでその効果を最大化できます。

NISA(つみたて投資枠)では、年間120万円まで投資が可能で、投資で得た利益は永久非課税となります。

NISAを活用したほったらかし投資は、1年〜3年で定期的な見直しは必要ですが、基本は本業や家庭との時間に当てながら、目標に沿った資産を作ることができます。

30代から始めるNISAとは?おすすめの投資信託やライフステージ別資産配分、iDeCoも解説【2024年最新版】

当メディアの監修者

監修者 前田浩司

前田 浩司
株式会社ラソ・トラスト代表

株式会社ラソ・トラストの代表。
主に不動産業を営みながら、営業社員や新入社員、物件説明の研修事業のほか、ライフプランの作成、住宅ローンのご相談、資産運用や税金対策の相談などファイナンシャルプランナー事業を展開。

前田 浩司 のプロフィールへ

【保有資格】2級ファイナンシャルプランニング技能士宅地建物取引士

ABOUT US
たむ▷チラかる暮らしを整えたい1才女の子パパ
沖縄県在住の「たむの暮らし 生活とお金を見直すメディア」運営局の管理者、執筆者です。人生を"ほんの少し" 豊かで幸せにするライフハック情報を発信中。Webマーケティング、集客コンサルティング、SNS活用をプライム上場企業やベンチャー企業を中心にコンサルティングを行っている。プロフィールは左端の「WebSite(地球儀アイコン)」をクリック!