無料動画講座視聴後にアンケート回答で全員にアマゾンギフト券プレゼント!バフェッサ2

フリーランスはやめたほうがいい!?真相と対策まとめ

フリーランスはやめたほうがいい!?真相と対策まとめ
たむ▷1才女の子30代パパ

フリーランスはやめたほうがいいと聞くことがありますが、本当でしょうか?

この記事では、まずフリーランスが向いている人と向いていない人や、デメリットと対策を解説します。

加えて、安定した収入を得る方法や営業活動、生活面でのメリットもご紹介します。

これから独立を考えている方はぜひご一読ください。

あなたの年収は同世代よりも低い!?

年収350万以下から脱却したい!
転職診断(無料)

オカネコ
オカネコ
  • 年収が350万未満で、まずは固定収入を上げたい人向け
  • 求人探しや書類作成、日程調整に時間を割くことができない人向け
  • プロに面接の練習もしてほしい人向け
オカネコはあやしい?無料診断の評判や実体験をご紹介!

すぐに結論を知りたい!

\年収を上げるのは意外と簡単?/

フリーランスはやめたほうがいい?世間の声を検証

たむ▷1才女の子30代パパ

フリーランスに対する世間の声は賛否両論あります。

この記事では、フリーランスをやめるべきとされる理由やデメリットを検証し、どのような人に向いているか、また向いていない人の特徴についてまとめました。

フリーランスはやめておいた方がいいという理由

フリーランスをやめるべき理由は主に以下のような点です。

フリーランスのデメリット
  • 不安定な収入
  • 独立してから案件獲得までの期間が長い
  • 保険や厚生年金が自己負担
  • 仕事とプライベートの区別がつきにくい

これらのデメリットが自分にとって許容できなければ、フリーランスを続けるのは難しいといえます。また、営業活動や案件獲得など、会社員時代には関与していなかった業務に対応できるかどうかも重要なポイントです。

稼げないフリーランスの共通点と対策

稼げないフリーランスには以下の共通点が指摘されています。

稼げないフリーランスの共通点
  • 顧客開拓が苦手
  • マーケティングや自己PRが不足
  • スキルや経験が市場価値に見合わない
  • 時間管理ができない

これらの問題を解決するためには、営業力を身につける(コミュニケーション力)ことや、自身の強みをアピールできるようになることが求められます。

また、スキルアップや市場価値を高める努力も重要ですが、まずは「納期を守る」、「背伸びをし過ぎない(できないのにできるという)」「連絡をこまめにする」など社会人として当たり前のことをすることが大切です。

たむ▷1才女の子30代パパ

破綻した経営者やフリーランスの特徴として「プライドが高い」「音信不通になる」「付き合い歴の長い人脈がいない(トぶため)」など、社会人以前に人としての礼儀や対応ができない人は、どんな職種でも稼げません。

安定した収入が得られるフリーランスの特徴

安定した収入を得るためには以下の条件が重要です。

安定収入を得るためのポイント
  • 前職で培ったスキルと実績(前職でも可)を持っている
  • (論理的な)営業力や顧客開拓が得意
  • 継続的な案件を獲得できる(半年契約など)
  • 良好な人間関係を築ける(顧客との関係を良好に保てる)

上記の条件を満たしていれば、フリーランスとしても安定した収入を得られる可能性が高まります。自分の強みを活かして、独立後も成功を収めるために努力しましょう。

フリーランスに向いている人と向いていない人

たむ▷1才女の子30代パパ

フリーランスに向いている人は、自己管理能力が高く、自由な働き方を求める人です。

逆に、保障を求める人や自己管理が苦手な人には向いていません。

自分がどのタイプに当てはまるかを見極め、フリーランスへの転身を検討してみてください。

人間関係が苦手な人は独立に適している?

人間関係が苦手な人が独立に適しているかどうかについて、以下の理由や具体例をもとに詳しく解説します。

独立には、クライアントとのコミュニケーションが必要ですが、自分自身のスキルを活かして仕事を進めることができれば、多少の人間関係の不得意さは問題ありません。

しかし、クライアントとの契約や営業活動も重要で、人間関係が苦手な場合、それらの部分で努力が必要です。

また、独立に適している理由として、自由な時間の使い方が挙げられます。人間関係が苦手な人がコミュニケーションストレスを感じないように、自分のペースで仕事を進めることが可能です。

それでも、独立は不安定な収入や将来の不安を乗り越える必要がありますが、時間やスキルの管理を自分でできる人であれば、独立がおすすめです。

自己管理ができる人がフリーランスに成功

たむ▷1才女の子30代パパ

フリーランスに成功するためには、自己管理が重要です。

具体的には、時間管理やスキルの継続的な向上、営業活動や契約の管理が必要です。フリーランスは自由な働き方が魅力ですが、安定した収入を得るためには、企業と同じように働く姿勢が求められます。

また、フリーランスは自己管理が得意な人であれば、仕事とプライベートのバランスが取りやすく、ストレスを軽減できます。さらに、将来の不安を乗り越えるためには、自己管理が非常に重要です。成功したフリーライターには、継続的なスキルアップや自己研鑽が共通しています。

自己管理ができる人が、フリーランスとして成功する確率が高くなります。

将来の不安をどう乗り越えるか

将来の不安を乗り越えるためには、以下の方法を活用すると良いでしょう。

将来の不安を乗り切る
  • スキルアップに必要な最新情報の収集
  • 自分の商品・サービスを作って、半不労収入を得る
  • 少額から資産運用をする
  • 健康管理と保険の選択

まず、自分の専門分野においてスキルアップするために常に最新情報を収集しましょう。

SNS運用代行の場合、頻繁に変更されるインスタグラムのアルゴリズム変更などの最新情報を得るなどの努力が必要です。最新情報を得て、スキルアップすることは市場価値を高めて不安を軽減できます。

また、自分のスキルや専門知識をコンサルティングや商品開発として形にすることで、長期的かつ安定的な収入につながります。健康管理も重要ですが、保険選択も将来の不安を軽減する方法となります。

経営者やフリーランスが加入できる小規模共済はサラリーマンの退職金積立にあたります。

掛け金は掛金月額は1,000円から70,000円までの範囲内(500円刻み)で自由に選べ、全額経費計上できます。

クライアントとの契約や営業活動の重要性

たむ▷1才女の子30代パパ

クライアントとの契約や営業活動は、フリーランスにとって非常に重要です。これらの活動を継続することで、安定した収入を得ることができ、将来の不安も軽減されます。

また、クライアントとの良好な関係を築くことは、仕事の幅も広がり、キャリアの発展につながります。

仕事獲得のための効果的な営業方法

仕事を獲得するためには効果的な営業方法が必要です。

まずは、自分のスキルや経験をアピールできるポートフォリオ(職務経歴書)を用意しましょう。それを活用して、企業やクライアントに自分の価値を伝えることができます。

次に、営業活動を行う際は、自分の得意分野やターゲットにする業界に関するリサーチを行い、理解を深めることが大切です。それを元に、企業やクライアントのニーズに合った提案ができるようになります。

また、適切な営業ツールの活用も重要です。

例えば、SNSを使って情報発信やコミュニケーションを行ったり、オンラインサービスを利用して効率的にアプローチができます。

積極的にネットワークを広げることも大切です。業界イベントやセミナーに参加し、人脈を築くことで仕事のチャンスが広がります。

営業成果を継続的に分析・改善していくことで、効果的な営業活動につながります。

安心して働くための適切な契約方法

安心して働くためには、適切な契約方法が大切です。

まず、契約書には、報酬や納期、業務範囲、著作権等の重要事項を明記する必要があります。契約書がない場合は、後々トラブルになることがありますので、注意しましょう。

また、契約時には、相手方とのコミュニケーションを大切にし、期待や要望をしっかりと理解し合うことが重要です。そうすることで、円滑な業務運営ができるようになります。

契約が成立した後も、定期的な進捗確認や報告を行い、クライアントとの関係を維持しましょう。トラブルや誤解が生じないように、適切なコミュニケーションが大切です。

問題が発生した場合は、契約内容を確認し、適切な対応を行いましょう。必要に応じて専門家に相談することもおすすめです。

フリーランスのメリットと生活の変化

たむ▷1才女の子30代パパ

フリーランスになると、自由な働き方ができる一方で、収入の安定性や保険・ローン対策が必要になります。

しかし、自分のスキルや時間を活用して、充実した働き方ができるのが魅力です。

時間の使い方が変わる自由な働き方

フリーランスになると、時間の使い方が変わります。

会社員とは違い、自分で仕事のスケジュールを組むことができるため、効率的な時間の使い方が可能です。

例えば、朝型人間であれば早朝に仕事をこなし、昼間は家族や趣味の時間を確保するなど、自分に合った働き方ができます。

また、フリーランスならではの働き方もあります。自分の得意分野を活かして、複数の案件にかかわるマルチタスクや、在宅ワークも選ぶことができるのがメリットです。

ただし、自分で仕事量やスケジュールを管理することが求められるため、自己管理力が重要になります。

時間管理や生産性向上のためのツールやアプリを活用し、自由で充実した働き方を実現しましょう。

独立後の収入・保険・ローン対策

独立後の収入は不安定になることがありますので、収入の確保や節約、貯金が大切です。また、安定した収入がなくなることから、保険やローン対策も重要です。

保険は、自分に合った保険プランを選びましょう。国民健康保険や国民年金に加入することで、一定の安心感が得られます。

ローン対策には、融資を受ける際には信用や収入状況をしっかりとアピールすることが大切です。また、融資を受ける前に、準備金を積み立てておくこともおすすめです。

フリーランスになることで生活全般に変化があるため、自分の状況に応じて適切な対策を行い、安心して働ける環境を整えましょう。

経営者やフリーランスが加入できる小規模共済はサラリーマンの退職金積立にあたります。

掛け金は掛金月額は1,000円から70,000円までの範囲内(500円刻み)で自由に選べ、全額経費計上できます。

フリーランスが使える案件獲得サイト

フリーランスになると、自分で案件を獲得しなければなりません。

そのために役立つのが、案件獲得サイトです。これらのサイトでは、企業が依頼する仕事が掲載されており、自分のスキルに合った案件を見つけることができます。

フリーランス初心者におすすめのサイトは、Lancersやクラウドワークスなどです。これらのサイトでは、ITやWeb系の仕事が多く掲載されています。また、登録や利用は基本無料で、案件応募もしやすい環境が整っています。

サイト選びのポイントは、自分のスキルや希望する報酬、仕事内容に合った案件が多く掲載されていることです。

また、サイト運営側がしっかりと企業とフリーランスの契約管理を行ってくれることも重要です。まずはいくつかのサイトに登録し、自分に合ったサイトを見つけましょう。

フリーランスに転身する前に準備すべきこと

たむ▷1才女の子30代パパ

フリーランスになる前に、経済的な安定を図り、スキルアップや経験を積むことが大切です。また、確定申告や経費管理について学ぶことも忘れずに。

転職前の副業の活用

転職前に副業を始めることは、フリーランスへの移行をスムーズに行うための良い方法です。

副業を通じて、自分のスキルや知識を活かして実績を積み、収入源を増やすことができます。

副業の選び方としては、自分のスキルや知識を活かすことができる職種、案件を選ぶことです。

また、時間的な制約も考慮し、無理のない範囲で仕事をこなしましょう。副業を通じて、将来的にフリーランスとして成功するための基盤を作り上げてください。

最近、人気な副業
  • SNS運用代行
  • 不用品買取(推し活・趣味)
  • ライティング

退職前にクレジットカードを作成する

退職前にクレジットカードを作成することは、フリーランスになった際の生活をより安定させるために重要です。会社員の時点でクレジットカードを作成しておくことで、フリーランスになった際の審査が通りやすくなります。

また、クレジットカードは、現金と違い、利用明細が記録されるため、経費管理に役立ちます。年会費が無料のクレジットカードや、ポイント還元率が高いクレジットカードなど、自分のライフスタイルに合ったカードを選びましょう。

たむ▷1才女の子30代パパ

最近では、フリーランスでも作成できるクレジットカードが増えています。

確定申告や経費管理の基本知識

フリーランスになると、確定申告や経費管理が必須になります。

確定申告では、自分の収入と経費を正確に報告することが求められます。また、経費管理をうまく行うことで、節税対策にもつながります。

確定申告についての知識や経費管理の方法を学ぶには、税理士やクラウド会計ソフトの活用がおすすめです。これらのツールは、初心者でも簡単に使えるよう設計されています。

次のステップとして、実際に税理士のアドバイスを受けたり、クラウド会計ソフトに登録して使ってみましょう。これにより、フリーランスとしての生活がより安定し、成功への道が開けるでしょう。

たむ▷1才女の子30代パパ

各地域の商工会議所に入会すれば、無料で税理士のアドバイスをもらうことができます。

年収350万円から抜け出すなら、転職が早いです

たむ▷1才女の子30代パパ

現在、未曾有の人手不足であり、きちんと転職活動の準備をすれば、年収500万円以上の正社員に就くことも難しくはありません。

オカネコ
オカネコ転職診断オカネコ

国内最大級の家計診断・相談サービスである、オカネコでは、転職診断(無料)サービスも行っています。

ひとつでも当てはまれば、まず無料診断!
  • 年収が350万未満で、まずは固定収入を上げたい人向け
  • 求人探しや書類作成、日程調整に時間を割くことができない人向け
  • プロに面接の練習もしてほしい人向け
オカネコ
【引用】オカネコ

オカネコ初回だけでなく、2回目以降もずっと相談無料です。

オカネコの転職診断(無料)では、年収500万円を目指す人におすすめです。

まずは今の苦しい生活を抜け出すためにも、オカネコで無料相談してみましょう。

オカネコ
オカネコはあやしい?無料診断の評判や実体験をご紹介!

まとめ

確かにフリーランスは会社員と違って、仕事の有無が収入に直結するため、安定しないことが多いです。しかし、今の時代、「会社員は生涯安定」ということが言えるでしょうか?

近年では、40歳を超えたら、会社に入れるかどうかが大体決まると言われています。会社員やフリーランスという雇用形態ではなく、利益を上げることができる人材であるかどうかが、この先の明暗を分けると言えます。

本コラムはたむの暮らしが独自に制作しており、公正・正確・有益な情報発信の提供に努めています。 詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。 もし誤った情報が掲載されている場合、お問い合わせよりよりご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
たむ▷チラかる暮らしを整えたい1才女の子パパ
沖縄県在住の「たむの暮らし 生活とお金を見直すメディア」運営局の管理者、執筆者(元浪費家・元汚部屋出身)です。人生を"ほんの少し" 豊かで幸せにするライフハック情報を発信する、奥さんと女の子の3人暮らしの30代。2022年にNISA、2023年に仮想通貨投資を開始した投資初心者!本業は企業向けマーケティングコンサルティングです。